クリップの矯正 Orobianco L'uniqus

多機能ペン(2色ボール・ペンシル)のクリップが開きすぎ、挟めなくなったという修理のご依頼です。オロビアンコというブランド。

f:id:hikkigukobo:20180205232141j:plain

 

真横から見るとこんな感じ。何の事はないように見えますが、事はそう単純ではありません。クリップを曲げ戻して直そうにも、クリップが外れません。結果、元に戻せない状態です。お客さんによるとメーカーに問い合わせたところ、直すのではなくペンの上半分を総とっかえになるという返答を受けたとのことです。人から贈られて愛着がある1本故、それも嫌なので当工房に依頼されました。

f:id:hikkigukobo:20180205232155j:plain

 

クリップを留めている蓋ねじ部分が、消しゴムを入れるコネクトパーツと一体になっています。確かにこれは難しいですね。ペンチで摘むにも、クリップの付け根が邪魔して上手く出来ません。ゴム板で回そうとしても、ビクともしませんでした。少し嫌な予感がしました。工具を上手く引っ掛けられないどころか、もしかして製造組立段階で接着されているかも知れないからです。

f:id:hikkigukobo:20180205232212j:plain

 

考えた末、消しゴムが入っていた穴に金属棒をきつく噛ませて引っこ抜く方法で進めることにしました。ぴったりの芯棒がなかったので、近いサイズの真鍮を穴にぎっちり入るよう削りました。

f:id:hikkigukobo:20180205232235j:plain

 

きつくセットして真鍮棒側、ペン本体側の両方にゴム板を当てて力いっぱい回そうとしました。けど、さっぱり効果がありませんでした。手でやるのを諦め、芯棒側を轆轤にチャッキングして、動力(モーター)を使わず足踏みでグッ、グッと少しずつ回したらやっと反応があり緩み始めました。車の運転で言えば、ロー(1速)で意図的にバッと飛び出す感じです。

f:id:hikkigukobo:20180205232257j:plain

 

悪い予感は的中しました。外れたコネクトパーツの内ねじ部には、接着剤の跡がはっきり認められました。これでは、ちょっとやそっとでは外れない訳です。つまり最初から修理やメンテナンスを考えられていない作りだったんですね。それは別にこのペンに限った事ではなく、価格帯によってここをどうするか(製造・販売コスト上)微妙なのが実情のようです。個人的には、それでもいざと言う時のために、なるべく外せるように作って頂きたいものです。

f:id:hikkigukobo:20180205232319j:plain

 

無事クリップの広がりを矯正し、外したパーツも締め直して修理完了です。当たり前の話ですが、クリップのバネの能力にも限度があります。皆様も愛用のペンのクリップを過信して、厚手の衣服のポケットなどに挟まないようにして下さい。”開いて戻らなくなった”なんてまだいい方で、最悪折れてしまう事も・・・。

f:id:hikkigukobo:20180205232341j:plain

インク漏れ複数個所 Montblanc - Marcel Proust

モンブランの1999年発売の作家シリーズ、マルセル・プルーストの万年筆です。「過去に首軸が割れてインク漏れした物を、応急処置で表面に漆塗りして貰い、それが再びインク漏れするようになってしまいました。こことは別に後ろからのインク漏れもあります。」と言うのがご依頼の内容です。首軸くびれ全体が、鈍くざらついて見えるのが漆塗りされたと分かります。

f:id:hikkigukobo:20180202105116j:plain

 

ところがお預かりした時点で、本来のクラック箇所とは別の、外ねじ部分から複数ひび割れ&漏れがありました。一旦インクを抜いて、水を吸入して確認した結果です。後に触れますが、後ろの尻軸側からのインク漏れも(お客さんの)ご説明通り確認出来ました。と言う訳でこれは大掛かりな修理になりそうです。一計を案じて、内部の構造を把握した上で「首軸製作・接着」、そして「吸入機構のガスケット外形調節、又は交換」という方法を採ります。

f:id:hikkigukobo:20180202105246j:plain

f:id:hikkigukobo:20180202105256j:plain

 

首軸を切断(何だか嫌な表現だな・・・)すべく、芯棒にセットすると、漆塗りされる前のものらしきクラックが現れました。

f:id:hikkigukobo:20180202105754j:plain

 

胴軸内部の樹脂と首軸は、一体成型のようです。

f:id:hikkigukobo:20180202105814j:plain

 

エボナイトを首軸の形に削り、ねじ切り。もちろんこの間、キャップねじと何度も合わせながら行います。

f:id:hikkigukobo:20180202105857j:plain

 

ペン先をソケットごと仮付けして、これまたねじの具合を見ていきます。

f:id:hikkigukobo:20180202105912j:plain

 

今回拘ったのは、首軸の”より正確な”復元です。ご依頼のプルーストをお預かりした時、首軸の形に違和感を覚えました。とにかく漏れを喰い止めるため止むを得なかったのだろうと思いますが、漆がかなり厚く塗られたせいか、形がかなり違って見えました。その塗られる前のオリジナルの実物がないため、ネットで画像検索してあれこれ参考にしました。お客さんからは何も言われていませんでしたが、折角作るならなるたけ形もオリジナルと同じように再現したいという衝動に駆られました。と言う事情で、数値的にはどこまで正確に出来たかは分かりませんが。以上、余談でした。

f:id:hikkigukobo:20180202105945j:plain

 

磨きを終えて、首軸が完成しました。

f:id:hikkigukobo:20180202105958j:plain

 

ところが新たな問題発生! ・・・というか問題に気付きました。写真では省略しますが、ピストンのガスケットの外径調節をしても後ろからのインク漏れが止まりませんでした。十分な量を吸入するのに。変に思ったら、何とガスケットの脇からではなく、シルバーの外筒とプラスティックの内筒の間から漏れていたのです。これはガスケットより上のインクタンク部の樹脂部分に穴かひび割れが発生していた事を意味します。 ※写真は胴軸反対側の、吸入機構を取り外した状態です。水を排出(=ピストンを上に上げる)すると、こちらからみるみる水が染み出して来ます。この万年筆はインク窓が無いだけに、外観からは確認しようがありません。

f:id:hikkigukobo:20180202110013j:plain

 

修理方法を変更して、シルバーの外筒のみを残して、内部の樹脂をすべて削り取ってしまいました。当然外筒と同じ長さ分の樹脂が接着されていた訳ですが、出て来た写真の樹脂は一部です。見事な穴が2か所は確認出来ました。

f:id:hikkigukobo:20180202110028j:plain

 

折角作った首軸も破棄して、胴軸と首軸のすべてを一から作り直す羽目になってしまいました。一体ではなく、首と胴は別に作ってねじ+接着です。過去の記事でも買きましたが、難しいのは同じ形に作るよりも、吸入機構の正確なシーリングに対応出来るように仕上げる事です。

f:id:hikkigukobo:20180202110043j:plain

 

シルバーの外筒を被せて、ようやく完成の実感が湧きました。ここで気を付けなければいけないのは、接着する位置です。オリジナル通り、"Marcel Proust" のサイン刻印とペン先表面が一直線上に来なければなりません。キャップのクリップ位置も同様です。

f:id:hikkigukobo:20180202110119j:plain

 

尻軸キャップ受けのねじから下は、オリジナルパーツです。結論:漆は表面被膜になっても、少なくともインク漏れ防止の接着剤にはならないようです。

f:id:hikkigukobo:20180202110135j:plain

インク止め式 コルク交換② 酒井軸バランス型

f:id:hikkigukobo:20180116223732j:plain

 

前に旧規格のインク止め式万年筆の修理をご紹介しました。

hikkigukobo.hatenablog.com

今回はその時の予告通り、一般的なインク止め式のコルク交換の修理をご紹介します。モデルとなる依頼品は、酒井栄助氏(作)の最も代表的なバランス型黒塗り軸になります。エボナイトで削り出して、塗師による漆塗りが施されています。インク止め式の修理依頼の9割は、シーリングコルク劣化によるインク漏れです。

 ご覧のように、尾栓(尻軸)を開けると、中芯を介してインクが漏れ出し手が汚れてしまいます。通常、コルク室内部にあるコルクでインク漏れを防ぎます。ここが経年と摩耗によって抵抗が弱まり、遂にはインクを堰き止められなくなってしまいます。

f:id:hikkigukobo:20180116224211j:plain

 

作業に入ります。まず初めに尻軸を外し、そして中芯を取り出します。

f:id:hikkigukobo:20180116225113j:plain

 

中芯を外したら、コルク室の蓋を開けて、中のコルクを掻き出します。真ん中の黒く、ボロボロになった物が摩耗したコルクです。インクを吸って黒く変色しています。(つまりコルク室にコルクが入っているのが、普通のインク止め式です。コルク室がダミーでその先に特大コルクが入れられているのが、前回ご紹介の旧/別規格のインク止め式です。)

f:id:hikkigukobo:20180116225427j:plain

 

ここからが従来の同じコルクを詰め替える方法とは違う、独自の交換作業になります。コルクの代わりにやはりOリングを使う訳ですが、最も近いサイズ(外径)でも、コルク室の内径Φ6.0mm(二分=にぶ)を超えて収まりません。そこで若干、削って内径を広げます。+0.2mmです。当然、元からの内ネジもさらってしまう事になります。

f:id:hikkigukobo:20180116225449j:plain

 

内径広げ加工が終わったら、そのさらったネジを復元する意味でネジを切り直します。何のネジかって? コルク室のネジ蓋用です。

f:id:hikkigukobo:20180116225502j:plain

 

そしてOリングを取り付けます。本体に押し込む前に、Oリングに潤滑油を塗布します。

f:id:hikkigukobo:20180116225514j:plain

 

Oリングを奥まで押し込んだところ。テカテカ光っているのは、潤滑油です。

f:id:hikkigukobo:20180116225526j:plain

 

前回のご説明と被りますが、スペーサーとネジ蓋一体の特殊な蓋を作ります。当然内径を広げているので、元の蓋は緩くてもう使えません。土管のような形の蓋表面に、マイナスドライバーの溝を設けます。通常規格のインク止め式は、高さ8-10mm程度あるコルクを入れて、残りの約2㎜はネジ蓋の厚さになります。先にコルクと一緒に取り外した元の蓋がそうです。つまりOリングを取り付けた後の、残りの深さに合わせて、このスペーサー一体の蓋を作る訳です。

f:id:hikkigukobo:20180116225543j:plain

 

このOリングはコルクとは比べ物にならない程長く持つ筈なので、取り外すためのドライバー溝は要らないと思いますが、万が一の時のためです。ともあれ、ぴったり蓋が閉まりました。

f:id:hikkigukobo:20180116225558j:plain

 

シーリングの作業が済んだら、今度は中芯を元通り取り付けます。写真は首軸を外した、胴軸上側から挿し込んでいるところです。

f:id:hikkigukobo:20180116225612j:plain

 

先に埋めたOリングの中を通し、尾栓を取り付けます。ここは一発で終わらず、何度か尾栓との繋ぎを繰り返します。取り付けた尾栓と胴軸を回して閉める際、ちょうど中芯先端部が首軸の底穴に当たって止まる状態にする必要があるからです。中芯が長過ぎると、尾栓が完全に閉じる前に先に首軸(底)に当たって、胴軸と尾栓の間に隙間ができてしまいます。反対に中芯が短くて、首軸に中芯ヘッドが当たる前に尾栓が胴軸に閉じ切るとします。すると今度はインクを遮蔽できず、常にインクがペン芯側に回ってしまいます。これでは『インク止め』になりません。

f:id:hikkigukobo:20180116225628j:plain

 

首軸・中芯・尾栓が丁度よい位置に収まったら、最後にインク代わりの水を胴軸に満タンに入れます。

f:id:hikkigukobo:20180116225645j:plain

 

最後に”圧(あつ)”の試験を行います。首軸をきっちりと閉め、ペン先とペン芯を抜いた首穴を指で強く抑え、その状態で尾栓を抜き差しして何処からも水が漏れないかチェックします。Oリングでシーリングした個所はもちろん、首軸と胴軸の境目からも漏れては、失格です。万年筆を使っている途中で、手を汚すことになるからです。どちらからも漏れがない事を確認したら、ペン先とペン芯を取り付け・調整して修理は完了です。

以上がインク止め式のコルク交換作業の流れです。

f:id:hikkigukobo:20180116225658j:plain

締付けリングの製作① Waterman Lady Agathe

ウォーターマンのレディ アガサという一昔前の小型万年筆。カートリッジ交換で首軸を胴軸に取り付ける時、収まりが悪いとのご依頼です。

f:id:hikkigukobo:20171224163124j:plain

 

それもその筈、本来ここには金属製の締付けリングがある筈が見事にありません。1990年代のシリーズで、現在のウォーターマン&輸入代理店はパーツ製造終了の理由で、修理を受け付けないそうです。こういうケースで難しいのが、ここを製作しようにも見本となる現物がないこと。例え破損していても、普通はオリジナルの現物を見ながらその形通りに作る訳ですが、それも叶いません。それに何度か手掛けた事があるペンなら問題ありませんが、レディ アガサの修理は初めてなのです。

f:id:hikkigukobo:20171224163152j:plain

 

ちゃんと機能してくれれば、オリジナルと多少違っても構いませんという事で、お引き受けしました。早速古いカタログ写真やウェブサイト(感謝!)を参考にして形を確認し、製作に入ります。首軸と胴軸の外径から、ベース材がΦ10mmもあれば足ります。加工が容易で腐食しない真鍮材から削り出します。

f:id:hikkigukobo:20171224163223j:plain

 

外形と寸法がオリジナルに大分近づいた(想像)ところで、削り終了です。

f:id:hikkigukobo:20171224165347j:plain

 

ベース材から切り離したら、バリ取りを行います。

f:id:hikkigukobo:20171224165606j:plain

 

首軸に仮付けして、胴軸に上手く収まるか、キャップの嵌り具合はどうかをチェックします。胴軸に捻じ込むと、違和感なくストッパーの機能を果たしてくれました。キャップの収まり具合も問題なしです。

f:id:hikkigukobo:20171224165736j:plain

 

この後リングを一旦外して仕上げ研磨を行い、首軸を含めた全体を洗浄すれば完了です。今回は一部ジュエリー作りに近い作業でした。古いモンブランの嵌合式キャップのモデル等、この修理方法は結構応用が利きます。

f:id:hikkigukobo:20171224170320j:plain

カートリッジ式の首軸製作 

国産のカートリッジ式万年筆の修理です。胴軸とキャップは恐らく「黒檀」。

「首軸が胴軸に固定できず、回しても閉まらない。買ったお店(都内の有名専門店)から、『首軸部品を取り換える必要があります』と言われました」というご相談内容の国産万年筆です。お客さんがメーカーに問い合わせたところ、パーツの生産終了で修理を受けられないと断られたいきさつがあります。

f:id:hikkigukobo:20171212225501j:plain

 

後日実物を点検したところ、本来首軸に固定されている筈の金属コネクト部が、胴軸に置いて行かれた状態でした。それを取り外して首軸に取り付けようにも、緩くて完全に空回りして閉まりません。それもその筈、首軸には大きな亀裂があり、パーツを捻じ込むと傷口が大きく開いて全く噛み合いません。

f:id:hikkigukobo:20171212225524j:plain

 

さらにあれっ?何か変だな、と思ったらキャップ受けのバネ状のメタルパーツがある筈が、見当たりません。このモデルは昔から知っているので、その異変にすぐ気付きました。そのメタルパーツが左右2か所の窓からちょっとだけ出て、キャップを真っすぐ被せると”パチン”という音で安定して閉まる構造です。写真のように金色の受け皿部分がカラになっています。依頼主様にこのばねパーツの行方を尋ねると、そういう物があったかどうかも覚えがないそうです。

f:id:hikkigukobo:20171212225548j:plain

 

再び樹脂の首軸側に戻ります。クラックは都合3か所もありました。コネクト部を外れないようにしっかり閉めるには、かなりの力が加わり接着しても再び傷口が開くのは明らかです。そこへ前述のパーツもないし、これは困りました。

f:id:hikkigukobo:20171212225657j:plain

 

結局すべて作って対応する事に決めました。首軸は成型で出来ているため、轆轤ではこの複雑な形と全く同じには出来ません。お客さんからは、これまで通り使えるようになってくれれば良いのでお任せしますと承諾を得ました。早速オリジナルの首軸の寸法やネジのピッチを計測して、削りに掛かりました。この首軸は内部に2か所・2種類のネジが切ってあり、1つは手前・前述のコネクトパーツ受け、奥のもう1つはカートリッジ挿し込み口の取り付け用です。尤も1960~70年代に流行ったこのフードカバー型の首軸は、舶来/国産ともだいたい似たような作りです。今回は常備の中に同規格のタップが2つともあり、それで賄えました。

f:id:hikkigukobo:20171212225728j:plain

 

ペン先が出る先端の長さをどうしたものか悩みましたが、ペン先を入れて実用&見た目で丁度良いかなという位置で決めました。このモデルの首軸製作は今回が初めてですが、あまり抵抗はありませんでした。数年前から(似たような)モンブラン3桁シリーズの首軸を何本も作った経験があったからです。これはこれでよくひび割れする上、人気があるので結構修理の需要はありました。さて、ある程度形になったら、キャップを被せて仕上げ削りの微調整を繰り返します。どうもバネの突起部分がなくても、これで一応実用にはなりそうです。”パチン”は甦りませんが・・・

f:id:hikkigukobo:20171212225757j:plain

 

しかし折角なので、徹底的にお直しさせていただきます。バネパーツも作ってしまいます。もはや「病膏肓に入る」の心境で、オリジナルのパーツ見本が無くても経験と勘で、機能的な修復は出来そうとの確信に至りました。身近なバネ性のある金属と言えば、やはりステンレス。これまた身近なバネカツラというパーツから切り出して、流用します。後はペンチで曲げて、適当な形に整えます。因みに”バネカツラ”は嵌合(かんごう)式キャップの中に入っているポピュラーなパーツで、手ごろなキャップ式の筆記具にも普通に使われています。近年はこれも塩化ビニルにとって代わられて来ていますが。

f:id:hikkigukobo:20171212225818j:plain

 

コネクトパーツに取り付け、2か所の窓から出るように突起を調整します。この出が不十分だと、キャップに対して抵抗がないし、反対に出し過ぎると閉まるのに毎度力が要ります。 ※これまたモンブラン修理の応用です。

f:id:hikkigukobo:20171212225855j:plain

 

写真では表現できないのが残念ですが、無事”パチン”と快い音と感触を出してくれました。オリジナルもこんなものだったな、という判断が活きます。

f:id:hikkigukobo:20171212225918j:plain

 

作った首軸を磨き洗浄して、ペン先とコンバーターを取り付けます。インクを入れて漏れず、問題なく書ける事を確認してようやく作業完了です。 注)これらの破損は、持ち主様ご自身がたまに分解(洗浄のため)を繰り返して来られたために起こった例です。くれぐれもここはご自分で開けないようにしてください。

f:id:hikkigukobo:20171212225941j:plain

変形したセルロイド軸の再生 Montblanc 146G 緑縞

1950年代のモンブラン146 の緑縞(セルロイド)です。

この万年筆の修理ご依頼内容は、以下の3点です。

①胴軸がかなり曲がっているのでここ全体をなるべく真っすぐにして欲しい ②胴軸が曲がっているせいか、インクが全く吸入できない ③クリップと天ビスがぐらぐらして固定されていない

実はお預かりする前に現物を拝見した際、「セルロイド軸の変形を直そうとすれば、ポッキリ折れてしまうリスクがあり修理は無理かもしれません」とお伝えしたいきさつがあります。持ち主様からは、「最悪割れてもその覚悟はあるので、何とか引き受けて貰えないでしょうか?」と言われました。元々この状態で入手された物です。

f:id:hikkigukobo:20171206222022j:plain

 

後日ご依頼品が届いて改めて点検した結果、やはり胴軸の変形はかなり進んでました。現物は写真以上に、バナナのような曲がり方をしていました。次にピストンの弁を仮付けして吸入を試しても、インクタンク内径の狂いは予想以上でした。実際オリジナルのコルクよりやや大きめのパッキンで試してもきつい個所とゆるい個所の差が極端で、とても吸入は出来ません。注射器でいえば、真っすぐな筒の内側が波のように歪んでいるようなもの。多少吸引出来ても、水の一部が弁の横へ回り後ろから漏れてしまいます。なお、この症状は必ずしも胴軸外側の変形が原因との確証はありません。 ・・・多分変形故でしょうが。

f:id:hikkigukobo:20171206222100j:plain

 

さらに胴軸上のキャップ受けねじに水平に亀裂が入り、もはや千切れかかった状態でした。いざ胴軸に熱を加え、何度も慎重に且つ徐々に力を入れて変形直しをやって見ましたが、ビクともしません。経年でかなり脆い状態にあるアンティーク・セルロイドに、これ以上矯正を加えれば確実に割れます。数日考えましたが、ここでお客さんに連絡を入れ、修理するにも手が付けられない状態である事をお伝えしました。お客さんの返答はこうです。「オリジナルの(吸入式としての)機構は諦めますが、せめて緑縞の表面だけでも活かして何とかして欲しいです。例えばカートリッジ式とか・・・。それで割れてしまったら、それで結構です」と。結局、引き続きお受けする事にしました。

f:id:hikkigukobo:20171206222125j:plain

 

そこで次の方法で対応する事に決めました。持ち主様の外したくない条件通り、セルロイドの表面柄を優先し、一旦内部をほとんど削り取り、他の材料を埋めてオリジナルの吸入機構に合わせた内部加工を施す。

作業に入りました。修復・流用が出来ない外ネジ部分を水平にカット。そして胴軸の変形直しに入ります。

f:id:hikkigukobo:20171206222203j:plain

 

この間、変形直しのビフォアフターの写真が撮れず、かなり端折ります。先にこれ以上は出来ないと書いておきながら矛盾するようですが、これも修理方法変更後のプラン通り(^▽^)/ セルロイドは半可塑性があり、それを利用します。すなわち準備した適温のお湯に一旦軸を浸し、真っすぐな鉄の芯棒をセルロイドが柔らかいうちに少しずつ押し込みます。完全に胴軸全体まで芯棒が入ったら、すぐ冷水に芯棒ごと突っ込み、曲がり直しのメインは終了。この時点でセルロイド製胴軸の表面は熱と変形直しで、目も当てられない程ゴテゴテな状態です。極めつけ、お湯に入れた直後に全体が白く変色(正確には表面が覆われた状態)します。これも万年筆作りの経験で計算済みです。ある程度の乾燥を経たら、次に轆轤へセットして歪んだ表面を削ってなだらかに整えます。最後に新たに作るパイプ状の胴軸内部を入れるために、ギリギリの肉薄になるまで曲がり矯正した軸内部を真っすぐ削り取ってしまいます。

以上の過程を経て、透明アクリルで作った胴軸内部を取り付けました。緑縞に覆われていますが、完成したアクリルパーツはT字型の土管さながらです。写真には白い変色が一部まだ残っています。

f:id:hikkigukobo:20171206222244j:plain

 

仮付けしたセルロイド軸(もはやスリーヴパーツ)を一旦外し、最初にカットしたネジ部分と同じネジ切をします。普段削っている他の樹脂やエボナイトと違って曇った半透明なので、ネジ切が何とも見にくいのです、コレが! 4条切り終わる頃には目がチカチカしてしまいました(*_*) 更に首軸用の内ネジも切ります。一旦首軸を取り付けて、ネジの緩急を確認します。ここはメンテナンス時以外外す必要がないので、きついくらいが丁度良いです。

f:id:hikkigukobo:20171206222319j:plain

 

完成したインナーバレルです。これまた端折りましたが、吸入機構を仮付けして(インク代わりの)水吸入・排出の工程も含まれています。右端に見えるネジは、テレスコープ式吸入機構の取り付け用。水洗いを終えた場面なので、水滴が残っています。

f:id:hikkigukobo:20171206222350j:plain

 

このままだとカッコ悪いので、何とか緑縞に合うように今度は緑系で染色しました。ちょっと色が薄いですが、心配いりません。後で首軸を取り付ければ、半透明なのでもっと濃くなります。もちろん見えている外ネジだけではなく、T字型インナーバレル全体が緑に染まっています。

f:id:hikkigukobo:20171206222414j:plain

 

クリップのガタつきを直し、胴軸全体をバフ研磨してやっと修理完了です。今度こそ、真っすぐになりました。因みに修理前は、キャップを閉じるとより曲がって見えました。

f:id:hikkigukobo:20171206222440j:plain

 

(毎度の言い訳)写真では分かり難いですが、前述の工程を経ている故、流石にオリジナルより胴軸が細くなっています。パッキンもシリコン製の新品に交換してありますので、オリジナルのテレスコープ式で多くのインクを吸入出来ます。

正直今回の修理は条件(状況)からして難易度がえらく高く、お預かりした時点では自信がありませんでした。何より一旦修理不能の連絡を入れるのは辛いものです。ま、結果的にお客さんのご要望に応えられたので良かったとは思います。しかし私としましてはこれを”修理”と言って良いものか複雑です。”大改造”は否めませんね(*´∀`*)。

f:id:hikkigukobo:20171206222501j:plain

※お湯を用いたセルロイドの変形直しは、絶対に真似しないでください。あっという間に、信じられない程グニャグニャになります。これはパイプ状のセルロイド材で万年筆を作る際、材料カット後に行う湯通しと呼ばれる工程です。数十年前の日本では、これも万年筆職人の下仕事の一つでした。

胴軸破損 一部作って接合 PELIKAN 101N Lizard

前にペリカン101Nの胴軸全体を製作する修理をご紹介しました。今回は一部製作+継ぎ足しで済むケースを採り上げます。経過写真を端折った部分もあって、少しイメージを持ちづらいかも知れませんが、ご了承ください😢

作業前の万年筆です。この万年筆は近年復刻版が出ましたが、こちらは1930年代のオリジナルです。ペン先ユニットを外し、尾栓・吸入機構を取り外してあります。これだけだと一見どこが壊れているのか分かりませんね。胴軸下の尻軸(尾栓)を取り付けるための内ネジがバラバラになっていました。このシリーズにはよくあるケースなのです。

f:id:hikkigukobo:20171127224016j:plain

 

蛇柄のスリーブを外すと中はこんな感じです。預けられた時点で、バラバラになったセルロイドの破片は取り払われていました。修理としましては残ったオリジナルの胴軸に、「破損した部分と同じ物を作って継ぎ足す」というものです。

f:id:hikkigukobo:20171127224729j:plain

 

先ずは割れた部分をひびの先端も残さず、削り取って平面にします。

f:id:hikkigukobo:20171127225230j:plain

 

次に透明アクリル材から、破損した胴軸下部を同じ形に作ります。実際は接着剤の糊代分だけ長く作ってあります。(背景のせいもあって)写真では判別しにくいですが、オリジナルと同じ内径(2段)に穴開けし、尻軸の受けネジを切りました。余談ですが、ここは通常とは逆の左ネジなので特殊工具が必要です。

f:id:hikkigukobo:20171127225720j:plain

 

再び胴軸上部の加工に戻ります。こちらも前述の糊代分の長さだけ外側を削り、作ったアクリルパーツとぴったり合うようにします。ここで難しいのが、”ぴったり合う”ように、削り過ぎない事! 一発勝負ゆえ緊張の瞬間です。

f:id:hikkigukobo:20171127230350j:plain

 

接着が終わりました。この日はこの依頼品の作業を一旦中断します。接着剤の乾燥を待つため、一日置きます。※材質等の理由から、瞬間接着剤は不向きです。という訳で、残りの時間は別の依頼品の修理にあてました。因みに今回はアクリルを染色しませんでした。

f:id:hikkigukobo:20171127230753j:plain

 

接着面が乾燥した翌日、リザード柄のスリーブを被せ、吸入機構を取り付ければ(後で)加工修理は完了です。内ネジも見えます。

f:id:hikkigukobo:20171127231145j:plain

 

ちょっとピンぼけてしまいましたが、表面から。染色の必要がないのは、スリーブを元通り被せたら、見た目は変わらないからです。以上のように同じ胴軸でも、破損個所によっては、一部製作&継ぎ足しで直る場合もあります。アンティークのペリカン100 / 100Nのシリーズは、胴軸下部の内ネジが弱いので、今回と同じ修理は過去何本も手掛けて来ました。当然、胴軸全体を作る作業よりは修理費も安く済みます。くれぐれもここはご自分で開けない事をお勧めします。

f:id:hikkigukobo:20171127231546j:plain