首軸製作 / PARKER 45

パーカー45の修理依頼で、首軸表面が割れインクで手が汚れるという症状です。パーカー45に共通して見られる、経年によるプラスティックの痩せが原因です。

f:id:hikkigukobo:20181216222537j:plain

 

ルーペで覗かなくても、縦に大きなクラックがあることが分かります。また痩せの進行が著しいので、本来の形より先端がかなり細く変形している上、ぐにゃぐにゃに波打った状態です。ここまでになると、傷口の接着ではまず直りません。またインク滲出とは別に、ここまでの形状ですと、嵌合式のキャップが収まらないスカスカの状態。

f:id:hikkigukobo:20181216222543j:plain

 

結論、首軸のカバー部をオリジナル通りに製作するしか方法はありません。しかし形だけ同じに作っても、別の大きな問題があります。この万年筆は首軸の中にコレクターというパーツが埋め込まれています。コレクターとはペン芯を装着しカートリッジやコンバーターと繋ぐ、心臓部のようなパーツです。しかも、45のコレクターはインク溜まりの役目を持つ、無数のフィンが付いた部分と一体となっています。従ってカートリッジとの接続箇所まで作っても、フィンのあるコレクターがなければ、簡単にインクがペン先からボタ落ちしてしまい、本来の性能を発揮出来ません。その為、コレクターの流用は必須です。

f:id:hikkigukobo:20181216222622j:plain

 

↑ コレクターを取り出すには、首軸全体を削る必要があります。外側を削りつつ、なかのパーツには絶対傷をを付けないで進めなければなりません。少しでも刃物が当たれば、フィンはいとも簡単に吹き飛んでしまいます。 ↓ 無事取り出せました。

f:id:hikkigukobo:20181216224904j:plain

 

洗浄を終えたコレクターとペン先ユニット。この2点がか首軸の中にすっぽり納まっていたのですね。

f:id:hikkigukobo:20181216225042j:plain

 

首軸を製作します。ペン先ユニットはもちろん、コレクターを収められるように、内部もピッタリに穴開け加工を施します。

f:id:hikkigukobo:20181216225215j:plain

f:id:hikkigukobo:20181216225248j:plain

 

胴軸接続側のネジを切り、その上にリングがピッタリ収まるスペースを設けます。

f:id:hikkigukobo:20181216225348j:plain

 

オリジナルの胴軸との、ネジの締り具合のチェック。軽い力で安定して開閉できればOK。

f:id:hikkigukobo:20181216225427j:plain

 

今度は反対にチャッキングし、首軸表面の削り、ネジ切りを行います。

f:id:hikkigukobo:20181216225513j:plain

f:id:hikkigukobo:20181216225533j:plain

 

ペン先をユニットを仮付け。

f:id:hikkigukobo:20181216225612j:plain

 

表面全体をテーパ状に削り、痩せる前のオリジナルと同じ形まで仕上げます。途中キャップを何度も被せて、締り具合を微調整。仕上げの研磨を計算に入れて、僅かにきつめにします。ペーパー研磨後に丁度良い締り具合になるために。

f:id:hikkigukobo:20181216225706j:plain

 

先ほどのコレクターを中に取り付け、完成しました。

f:id:hikkigukobo:20181216225812j:plain