中身ほぼすべてを製作 : Montblanc 744

2本のアンティーモンブラン、#744 & #744Nをお直ししました。①744Nは吸入のお直し、②744は当初のご依頼は吸入の修理と首軸の製作でした。お預かり時、胴軸は首軸よりもさらに痩せて、外径も見た目で細くなってしまっているのが分かる程でした。

f:id:hikkigukobo:20190626095123j:plain

 

当初から首軸の製作を希望されたのは、先端がほぼ一周に渡って大きく傷が付いてしまっていたから。因みにペン先は珍しいO3B。

f:id:hikkigukobo:20190626011206j:plain

 

修理に取り掛かるためボディ全体を分解したところ、懸念していた予想が的中して胴軸の先端部分、リングの真下から縦に大きくクラックが発生してしまいました。お客さんにご連絡して、胴軸も製作することになりました。

f:id:hikkigukobo:20190626011217j:plain

f:id:hikkigukobo:20190626011245j:plain

 

セルロイドの首軸がかなり痩せていたため、内径も狭くなっていたこともあり、ニブホルダーの取り出しにかなり時間が掛かってしまいました。結果ニブホルダーの先端も大きく傷が付いてしまいました。これらも取り掛かる前からの予想通りでした。状態によっては外れないケースもあるからです。

f:id:hikkigukobo:20190626011255j:plain

 

エボナイト材で首軸の製作に入ります。側面のアールはこれから。

f:id:hikkigukobo:20190626011307j:plain

 

側面(グリップ)の削り落とし。取り外したオリジナルを測りながら削りますが、萎縮の現状から、新品時の外径を予想して少し太めに作ります。

f:id:hikkigukobo:20190626011317j:plain

 

首軸とホルダーの削りが完了。当然、首軸内部にもホルダー受けのネジを切ってあります。注意点は、そのネジを切る位置。完成して取り付ける際に、ホルダー先端がオリジナルと同じ深さで止まるようにしなければならないからです。

f:id:hikkigukobo:20190626011331j:plain

 

今回胴軸の製作写真をかなり省略しました。アクリルを削って、形は完成したところ。仮付けした首軸も、もちろん製作した新しい方です。

f:id:hikkigukobo:20190626011354j:plain

 

金張りの胴軸(外筒)も仮付けして、収まり具合を確認。

f:id:hikkigukobo:20190626011402j:plain

 

パッキン及び上下のナットを製作して仮取付け。そして水をインクに見立てて、吸入の確認。この時点でまだ空気が多めに入ってしまうので、微調整を繰り返します。

f:id:hikkigukobo:20190626011411j:plain

 

胴軸を研磨・染色して完成しました。オリジナルはダークブラウンの透明でしたが、お客さんのご希望でアンバー系にしました。元々メタルのボディやペン先等他のパーツの状態が非常に良かったため、とても実用的にお直しが出来ました。アンティークペンの場合、オリジナルコンディションか実用かは依頼される方によって異なります。今回は実用優先でのご依頼でした。それにしても弊所でも首軸と胴軸の両方を作る機会って、滅多にありません。

f:id:hikkigukobo:20190626011426j:plain