ボールペン口金破損 / Montblanc Starwalker

ボールペンを落として、口金部分が分離破損してしまいました。
モンブランのスターウォーカー(メタルラバーライン)です。このモデルは特にここの部分が衝撃に弱いらしく、皆同じ壊れ方でたまに修理依頼があります。

f:id:hikkigukobo:20191014235916j:plain

 

正確にはメタルの口金そのものが破損したのではなく、グリップと繋ぐ内部のネジ部分が折れて、折れた残骸がそのまま口金側に持っていかれてます。

修理はまず、口金に残ったネジ樹脂の残骸を完全に取り除くところから始めます。元々接着されていたので、口金内のネジを壊さずに綺麗に取り除くのが時間を要します。

f:id:hikkigukobo:20191014235936j:plain

 

本体グリップ側。この先端に本来ある筈のネジがほとんど残っていません。

f:id:hikkigukobo:20191014235958j:plain

 

ネジの残滓を残らず削り取った後、材料を埋め込むための穴を開けます。
開けた穴の内径は約Φ5.0mm。
そして外径5mmのエボナイト材を埋め込み、接着します。

f:id:hikkigukobo:20191015000239j:plain

 

本来の長さを予想計測し、その長さに材料をカット、口金に収まるようネジを切りました。そして芯(リフィル)が出る穴も空けます。その際、反対側からももう少し太い径で途中まで穴開けを行います。リフィル先端が出るだけでなく、丁度良い位置で止まる”段”の役目の穴です。

f:id:hikkigukobo:20191015000301j:plain

 

ネジが完成したら、先ほど残滓を削り取った口金を回して取付けます。

f:id:hikkigukobo:20191015000321j:plain

 

リフィル、本体チューブを組み直します。そして普通通りに本体を回転させて芯が出たらOKです。この後一旦また外し、口金とネジを接着したら修理完了となります。

f:id:hikkigukobo:20191015000354j:plain

 

同じスターウォーカーでも、現行モデルと今回の初~中期モデルは内部構造が違うのでしょか? メーカーからパーツ無しを理由に修理を断れたとのことです。従って、現行品の修理の場合はまずメーカーにご相談ください。

f:id:hikkigukobo:20191015000413j:plain