修理日誌 デュポン・クラシックの首軸製作 / S.T.Dupont Classique

エス・テー・デュポン  クラシックの万年筆はたまに修理依頼が来ます。デュポンのクラシックは世代違いで2タイプあり、今回採り上げたのはいずれも1970~80年代のファースト・エディションです。

症状は明快、経年で樹脂の首軸に大きな亀裂が出来やすいこと。一般的にカートリッジ(両用)式の万年筆の首軸は、①ペン先とペン芯を固定し、カートリッジ/コンバーターに繋ぐソケットが間に入る二重構造、②ソケットがなくペン先とペン芯を直に首軸に装着する単体構造の2種類があります。

 

今回のクラシックは②にあたる単体構造ゆえ、一旦クラックが発生するとペン芯に貯蔵されたインクがそのまま表面に滲み出て、指やキャップ内部を汚してしまいます。

またこのクラシックの首軸は非常に薄く、過去接着を試みたものの、ペン先とペン芯を差し込むとすぐ傷口が開いて元通りになってしまいました。結論、首軸をすべてオリジナルと同じ形に作るしかありません。

f:id:hikkigukobo:20200712235429j:plain

f:id:hikkigukobo:20200712231248j:plain

 

轆轤での切削はとりあえずここまで。上が製作途中の物で、この時点で首穴は水平にカットされたままです。下は破損したオリジナルの首軸。

f:id:hikkigukobo:20200712231501j:plain

 

外形削りの最後に、ペン芯裏側の形状に沿ってグラインダーで削って”縁”を設けます。削り過ぎないよう、少し削ってはペン芯を入れて具合を見て、ピッタリになるまで何度かこれを繰り返します。ちょっとでも削り過ぎると一発でアウトなので、この作業は轆轤より緊張します。

f:id:hikkigukobo:20200712231711j:plain

 

難しい首軸の形状が終わったら、”内部”パーツを別に作り、取り付けます。この小さなパーツは穿刺チューブといい、ペン芯の真下に設置、そのままカートリッジやコンバーターを差し込む口(連結)になります。オリジナルは首軸と一体成型で作られていますが、棒材からの切削だと一体物では出来ないため、熟慮の末このように分けて作る方法としました。

ところで穿刺チューブを作りにあたり、差し込み口の外形(パイプ状)も変更してしまいます。このクラシックのI型はペリカンの旧規格のカートリッジ、コンバーター用に作られているため、厳密には現行のヨーロッパタイプには合いません。当時のデュポンオリジナルのコンバーターペリカン再初期型と同じ)がない場合、こちらの方がチューブ外径が細いため、現行を取り付けても緩くて簡単に外れるかインク漏れを起こしてしまいがちです。

f:id:hikkigukobo:20200712231726j:plain

 

見えにくいかも知れませんが、ツバ外周は細ネジを切りました。先に首軸内部に切って置いたネジに接着して取り付けます。

首軸を作るついでに、入手可能な現行ヨーロッパ規格にしてしまうことにより、一石二鳥にしてしまおう!  という訳です。

f:id:hikkigukobo:20200712231734j:plain

 

 出来上がった首軸にペン先とペン芯を装着して、修理完了となります。

f:id:hikkigukobo:20200712231750j:plain

 

正面から。

f:id:hikkigukobo:20200712231803j:plain

余談ですが、前述のカートリッジ式にソケットを使うか否かはデザインやコストと言った様々な事情がありますが、ソケットを持つ二重構造は少なくとも内径にある程度のスペースが要求されます。デュポンのクラシックは非常にスリムなデザインゆえ、設計上一体構造にするしかなかったようです。

 

モンブランNo.256 キャップ&首軸製作 / Montblanc 256

アンティーク・モンブランの首軸と胴軸を作りました。1950年代のNo.256という少しずんぐりしたモデルです。ボディひび割れの場合は可能な限り、割れた箇所を接着して修復するやり方が一般的ですが、今回依頼主様のご要望でパーツ製作での対応となりました。例えオリジナルより太くなっても、実用優先に生まれ変わらせて欲しいとのご注文でした。首軸とキャップのクラックはご入手された時からあったそうです。

まずは首軸から。これだけの大きさのクラックになると、インク漏れも相当なものだった筈です。

f:id:hikkigukobo:20200628221408j:plain

 

首軸を製作する作業の前に、リングを取りはずして磨きました。製作した首軸を再び接着で装着してしまうと、リングをムラなく磨けないので良い機会でした。

f:id:hikkigukobo:20200628221624j:plain

 

エボナイトの内部を、胴軸に合わせて削り、形がピッタリと合った状態。

f:id:hikkigukobo:20200628221727j:plain

f:id:hikkigukobo:20200628221802j:plain

 

ペン先ユニットが収まるよう、反対側も内部切削を終え、表面を削るのみとなりました。

f:id:hikkigukobo:20200628221821j:plain

 

ほぼオリジナルと同じ形に削るのは当たり前ですが、角を丸めた端面(とば口)の縁を少し厚めに削りました。元々オリジナルが薄過ぎてこの箇所が傷みやすいので、これを機に耐久性を上げた形になります。

f:id:hikkigukobo:20200628221853j:plain

 

ペン先ユニットを装着し、位置を確認します。もちろん、研磨の前にキャップとの収まり具合も行っています。

f:id:hikkigukobo:20200628221940j:plain

 

次にキャップの製作を行います。オリジナルの2個のデコリングを活かすため、適当な位置で切断。リングの上のプラスティックを削り、接着シロを拵えました。

f:id:hikkigukobo:20200628222024j:plain

 

削って作ったキャップスリーブに仮装着。

f:id:hikkigukobo:20200628222055j:plain

 

ホワイトスターの天ビスも仮装着(ネジ)。そしてオリジナルと同じ形に表面を削って行きます。

f:id:hikkigukobo:20200628222142j:plain

 

残るは表面研磨。

f:id:hikkigukobo:20200628222240j:plain

 

キャップが完成しました。

f:id:hikkigukobo:20200628222314j:plain

f:id:hikkigukobo:20200628222340j:plain

 

接着の乾燥を待って、内部の吸入機構等のオーバーホールを行い、修理はすべて完了しました。

f:id:hikkigukobo:20200628222420j:plain

f:id:hikkigukobo:20200628222440j:plain

 

現存するモンブランNo.256はキャップ表面にクラックがある個体が多く、今回の万年筆も3か所もひび割れていました。256のキャップのクラックに悩まされている方は少なくないと思います。結構接着で直るケースもありますので、決してキャップ製作を(優先的に)お勧めしている訳ではありません。接着修理の方も、遠慮なくご相談ください。まずはお預かりして診てから、修理方法を判断致します。

 

 

 

胴軸の一部継足し修理 / PELIKAN M640 Polar Lights

ペリカン万年筆の割と近年のモデルをお直ししました。メタルの胴軸内側=樹脂製インナーバレルが水平亀裂により、分離破損していました。ピストン吸入機構が分離した方の軸にネジ留めされているため、すべて一緒に外れてしまっていました。

ある日インクを吸わせようとしたら尻軸が空回りして、そのまま(写真のような状態で)ピストンごと外れてしまい、使えなくなってしまったそうです。

f:id:hikkigukobo:20200619104319j:plain

f:id:hikkigukobo:20200619104442j:plain

 

本体から分離しただけでなく、縦にもクラックがありました。

f:id:hikkigukobo:20200619105330j:plain

 

加工作業前の胴軸をボトム側から覗く。

f:id:hikkigukobo:20200619105418j:plain

 

まず胴軸本体側から加工します。破断面を綺麗に面取りするためです。万年筆ろくろ用のミツバネという刃物を使います。エンドミルのように、切削面を平らに仕上げるためです。

f:id:hikkigukobo:20200619105507j:plain

 

削って出て来たスクラップ。

f:id:hikkigukobo:20200619105549j:plain

 

破断面を綺麗に整えました。これから作る継足し部分と安定して接着するためです。

f:id:hikkigukobo:20200619105620j:plain

 

胴軸下部の継足し部分を削って作ります。材料となる透明樹脂はクラックの起こりにくい特殊な物です。※非石油系

f:id:hikkigukobo:20200619105711j:plain

 

必要な長さに切断、ネジ切りを行いました。因みに左ネジという、これまたペリカン独自の特殊な規格でした。
左は破損したオリジナル。

f:id:hikkigukobo:20200619105752j:plain

 

接着・接合しました。当然、破損する前はこのような状態だったことになりますね。

f:id:hikkigukobo:20200619105850j:plain

 

ピストン吸入機構を組み直して、修理が完了しました。この限定品M640 『ポーラー・ライト』はドイツ本国にも今回の必要パーツがもうないらしく、お客様によると日本の代理店で受けられなかったとのことです。

f:id:hikkigukobo:20200619110101j:plain

 

 

割れたボールペンのボディ / DELTA Marina Piccola

デルタのマリナ ピッコラのボールペン。
床に落としてボディの先端が割れたしまった物で、分離した破片も紛失してしまいました。

メーカーがないため、輸入代理店でも修理は受け付けられなかったそうです。

f:id:hikkigukobo:20200527162059j:plain

f:id:hikkigukobo:20200527162110j:plain

 

残念ながらこれに近い色の材料はありませんでしたが、依頼主様は工房に持ち込まれた際にダークブルーのアクリル材を選ばれました。結果その材料を削って接合し、お直しすることが出来ました。なお、オリジナルも同じアクリル材です。

f:id:hikkigukobo:20200527162123j:plain

 

ピストン吸入式 ~すっぽ抜ける!?~ / PELIKAN 101N Tortoise Shell

「旧式ペリカンの吸入が上手く出来ない」という修理のご依頼を受けました。パッキンの収縮等でインクを十分に吸入しない、或いは機構の不具合で回転ノブが回らない・・・等々大体予想はつきます。ペリカンの1940年代のNo.101N トータス・シェル・ブラウンです。

さて届いた万年筆を点検すると、予想とは全く違う状態でした。パッキンの収縮+変形で吸入能力を失っているのに加え、ピストンを吸入位置まで上げようとする(排出位置)と、回転が止まらずそのままノブが螺旋棒ごと抜けてしまいました。ノブ受けの雄ネジが半分近くも欠損してしまっていました。当然ノブが噛み合う箇所は僅かで、とても吸入動作に必要な分を支えられません。

f:id:hikkigukobo:20200525170500j:plain

 

そこで欠けたネジをそっくりそのまま作って接合することにしました。お客さんには、再生する箇所のみ色が黒になることを了承頂きました。

f:id:hikkigukobo:20200525170534j:plain

f:id:hikkigukobo:20200525170547j:plain

 

破損個所をすべて切り落とします。そして接合するのりしろ箇所を5mm弱削って窪みの段を設けます。

f:id:hikkigukobo:20200525172256j:plain

 

オリジナルパーツとは別に、接合する部分を作ります。ピストンガイドがスムーズに通るだけの内径を空け、ネジを切ります。

f:id:hikkigukobo:20200525170603j:plain

 

ノブを被せてスムーズにネジで開閉出来る事を確認したら接合し、接着が乾くまで一旦放置します。その間、収縮したパッキンを作りました。

f:id:hikkigukobo:20200525170615j:plain

f:id:hikkigukobo:20200525170635j:plain

 

翌日、新たに作ったパッキンを装着し、すべてのパーツを組み直して作業は終了。吸入・排出を行う際、ノブががっちり安定していることを確認して修理完了です。

写真はノブを排出の回転が止まる位置まで開き切った状態です。

f:id:hikkigukobo:20200525170649j:plain



 

 

 

 

 

 

 

ウォーターマンCF用コンバーター① 修理編 / WATERMAN C/F Converter

今回はコンバーターの修理をご紹介します。コンバーターも消耗品と言えるので、修理して使えるようにする機会(ご依頼)はとても稀です。しかし今回のウォーターマンCF用のように、現在入手出来ないとか、廃盤規格の場合は修理して使えるようにせざるを得ません。CFとはウォーターマンの1980年代以前のカートリッジ/コンバーターの規格で、まず80年代にコンバーターの製造販売が終了、CFカートリッジも90年代末にカタログから消えました。因みにオリジナルのコンバーターを中古等で入手出来たとしても、ゴムサックの中押し式のため、残念ながらほとんどは経年により使えません。

 

f:id:hikkigukobo:20200518001353j:plain

これでもすべて新品(デッドストック)

f:id:hikkigukobo:20200517215432j:plain

 

取付け口(コネクタ)、サック、プレスバーを取り外しました。

f:id:hikkigukobo:20200517215614j:plain

 

上のように綺麗に取り外せなかった例。取付け口を壊してでも分解します。どの道、無傷でもこのコネクタは使わないため問題ありません。ここはメタルの枠をゴムで覆う形で作られています。

f:id:hikkigukobo:20200517215633j:plain

f:id:hikkigukobo:20200517215647j:plain

 

こちらは樹脂で新調したコネクタ。実は全く同じ寸法ではなく、サック取付け箇所はやや細めに削って作りました。オリジナルと同じ外径にすると、サックを取付け後、コンバーター本体に収まらないのです。

f:id:hikkigukobo:20200517215702j:plain

 

腐らないシリコン製のサックを装着させます。

f:id:hikkigukobo:20200517215717j:plain

 

サックの接着剤が乾燥したら、万年筆に取り付けて完了です。このCFのショートサイズのコンバーターで約0.5cc吸入しました。今日の一般的なヨーロッパタイプの8割程度になるのでしょうか。

f:id:hikkigukobo:20200517215728j:plain

 

こちらはCFの中~大型万年筆用のコンバーター。こちらも同様にシリコンサックに交換しました。 ※モデルはジェントルマンの第1型。

f:id:hikkigukobo:20200517215916j:plain

 

中型サイズのコンバーターを同じように修理して使えるようにします。

f:id:hikkigukobo:20200517215812j:plain

 

取り外したコネクタ。万年筆側の穿刺チューブに挿してもスカスカで安定しないため、こちらも同じ形に作る必要があります。

f:id:hikkigukobo:20200517215822j:plain

 

サックをカットして仮付け。まだ接着剤は塗布していません。

f:id:hikkigukobo:20200517215833j:plain

f:id:hikkigukobo:20200517215845j:plain

 

水で吸入量を確認します。

f:id:hikkigukobo:20200517215857j:plain

 

工房在庫の物を含め、数本まとめて直しました。

f:id:hikkigukobo:20200517215754j:plain

CF規格の万年筆をお持ちでお困りの方、又は今後入手予定の方は当工房へご相談ください。メタルのボディ、プレスバーのパーツが無事であれば十分直して使えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テレスコープ式尾栓の製作 / Montblanc MEISTERSTÜCK 136

テレスコープ吸入機構を持つ、モンブラン136の尾栓製作のご依頼です。
尾栓が完全に欠損した状態でのお預かりでした。

(通常では外れない)尾栓が無いため、写真のように尾栓を留めるネジが完全に露出した状態になっています。ここはまず見る事が出来ません。

またこの尾栓と本体を繋ぐネジが左ネジ(=逆ネジ)であることにより、二段伸縮のテレスコープの凝った動作を可能としています。

修理の要は特殊な左ネジを切り、テレスコープの空回り、所謂”遊び”のストロークを丁度良い位置で止まるよう計算しながら削り込む、やや難しい作業をこなせるかです。

f:id:hikkigukobo:20200430225148j:plain

 

尾栓の内部の削りが終わり、仮締めを行いました。

f:id:hikkigukobo:20200430225157j:plain

 

エンドの傘型部分を設け、本来あった縦縞のローレット装飾を入れました。オリジナルより若干ピッチは粗いですが、少しでも雰囲気を再現すべく設けました。欠損したオリジナルも尾栓のみエボナイトだった可能性が高く、刃物傷除去の中(ちゅう)仕上げに留め、敢えて艶出し研磨は行いませんでした。

f:id:hikkigukobo:20200430225207j:plain

 

この開いた位置で、ピストンシールの頭が胴軸内の頂点に当たります。

f:id:hikkigukobo:20200430225220j:plain

 

納品後、依頼主様から以下の写真を頂きました。

対になる同じデザインのクリップを持つペンシルと並べた一枚が、良く似合います。

お客さんのご依頼は、あくまで使えるようになればOKという内容でした。しかし、外形も出来る限りオリジナルに近付けられたのは、たまたま以前修理でお預かりしたNo.136の寸法図面を作っておいたからです。確かその時はキャップを作るご依頼だったかと記憶しています。

f:id:hikkigukobo:20200430225234j:plain

f:id:hikkigukobo:20200430225246j:plain