刃物用ラック、新調しました!

轆轤の架台に据え付けてある、刃物ラックがもう半年以上前から一部崩壊状態のまま使って来ましたが。が、それももう限界でした。これは轆轤が架台ごと完成して間もない頃、自分で作った物なのでした。ところが素人大工の悲しさからか、徐々に傾いたかと思えば、一部釘ごと落ちたりと、後半はドリフのスタジオセットよろしくだましだましでここまで来ました。いやいや、素人ながらよく4年以上も持ったととるか!?

という訳で、毎日の作業にも支障を来し始めたので、流石に作り直さなければなりません。

f:id:hikkigukobo:20210611002305j:plain

1本でも多くの刃物がすぐ手に取れるよう、縦2列に作ったのですが、真ん中の仕切りがほぼ崩落してしまっているため、刃物の柄がごちゃごちゃで2列か3列かも見分けがつかない有様。

 

f:id:hikkigukobo:20210611002318j:plain

真ん中の仕切りが重さで下に沈んでしまっているため、溝の左右で高さが違い、柄が真っ直ぐに収まっていません。

 

そこで今回は日曜大工を諦め、意を決してプロにお願いすることにしました。当工房から歩いてすぐの、建築工房クラフトさんを訪ねたところ、二つ返事で引き受けて下さいました(*^^)v ああ、良かった。

 

クラフトの社長さんが「とにかく現場を見せて貰いましょう」と、訪ねたその場で見に来て下さいました。

f:id:hikkigukobo:20210611002401j:plain

当工房を見終えた翌週には、何と「一応ラックが出来ましたので、取付けに伺います」と連絡が来ました。早っ!!

てっきり半分近くはこちらで作るのかなと思いきや、出来上がったラックを持参、あっという間に取り付けて頂きました ♪

いいですネ~。一目ですっかり気にってしまいました。見るからにがっちりしています。

f:id:hikkigukobo:20210611002352j:plain

 

f:id:hikkigukobo:20210611002339j:plain

この場で載せるのも恥ずかしいのは百も承知ですが、取り外した私の作品 ↑ です。

 

f:id:hikkigukobo:20210611002412j:plain

早速ヒラギリという刃物を仮に挿してみました。当たり前ですが、ちゃんと2列に見やすく収まります!

 

f:id:hikkigukobo:20210611002437j:plain

隙間なく挿しても、ご覧の安定性。晴れ晴れした気分で、再び日々の仕事に没頭できます。

 

f:id:hikkigukobo:20210611002423j:plain

f:id:hikkigukobo:20210630124923j:plain

昨春、もう1台の轆轤が隣に導入されたことだし、今回は反対側(右)にもラックを拵えて頂きました。こちらは主に、ネジ切り用のクシガマをメインに並べる予定です。

ちゃんとした物を作って貰うためにプロにお願いする訳だから、多少お値段が張っても構わないと決めていました。そうしたら、何とまあ予想額より遥かに低価格ですっかり恐縮してしまいました・・・。

建築工房クラフト様、ありがとうございました! 末永く活用させて頂きます。