インクタンク製作 / AURORA Land of Afrika

胴軸がインクビュー付近から折れてしまった、アウロラ万年筆の修理を依頼されました。リミテッドエディション『アフリカ』。

f:id:hikkigukobo:20210718232058j:plain

 

透明アクリルのインク貯蔵部が、首軸内側の接続部分で真っ二つに折れてしまっています。この類の破損は過去の例でも、接着しても再び折れる可能性が高いため、内部のインクビュー一体型のインクタンクを同じに作って対処します。

f:id:hikkigukobo:20210718232119j:plain

 

製作の前にまず胴軸側、首軸側とも透明アクリルの残りをすべて削って除去します。

写真は接着されていた透明部分をすべて削り取り終えた状態。

f:id:hikkigukobo:20210718232128j:plain

 

必要な部品等を一旦すべて取外し、インクタンクの製作に入ります。

f:id:hikkigukobo:20210718232140j:plain

 

アクリルよりやや柔らかく、逆に割れにくい透明セルロース材でインクタンクを作ります。写真はリング(ロワー)を仮装着した姿。

f:id:hikkigukobo:20210718232154j:plain

 

ペン先ユニットを取り付けるための、ネジ切り(内側)。

f:id:hikkigukobo:20210718232203j:plain

 

削り、そして水の吸入・排出の試験を終えたら、割れたオリジナルのインクビューに近い色になるよう染色を行います。

f:id:hikkigukobo:20210718232213j:plain

 

最後に内外から研磨・艶出しを終えて、すべてのパーツを再び組み立てれば完成です。パーツ製作は確かに難しいですが、最も神経を使うのが破損したインクタンクの完全な除去作業です。オリジナルのボディ外側を壊さないように削り取らなければならないからです。実際、掛かった作業時間も全体の4割程になりました。

f:id:hikkigukobo:20210718232223j:plain

 

この方法でオプティマ/88シリーズにも対応できます。

f:id:hikkigukobo:20210718232233j:plain