首軸ネジが分断したら・・・。 / Montblanc Meisterstück 144

モンブラン マイスターシュテュック144 (CF)の首軸が、ご覧のように胴軸と開閉するネジの所から破断してしまっています。これは(主に)カートリッジ式ならではの壊れ方ですが、首軸の修理ではある意味これが一番難しいです。例え接着してもネジをしっかり閉めようとすれば、止まる位置で破断面に、また握って書こうとすれば、当然同じ箇所にやはり結構な力が加わって、まず再び外れてしまいます。

ではネジを新たに拵えて、首軸に接合するやり方はどうか? それもこの種の万年筆には、ちょっと無理です。作ったパーツを接合するためには、ネジより上の首軸も削って接着面を設ける必要がありますが、すぐカートリッジ/コンバーターの取付け口=穿刺チューブがあるため、ここから上は刃物を当てられないのです。

f:id:hikkigukobo:20211009233059j:plain

 

以上の理由で、今回は首軸全体を作ってしまう方法しかありませんでした。そうすればネジを含め一体型で、強度面でも安心です。

f:id:hikkigukobo:20211009233838j:plain

 

さてもう一つ作らなければならない物があります。それは首軸先端側の装飾リング。これは装飾を兼ねた、キャップを安定して支える重要なパーツになります。キャップ内にあるインナーシールキャップとリング側面が触れて、キャップを固定する仕組みだからです。ところがリングの腐食がかなり進行していたため、外径もほんの僅かに落ち、キャップをしてもスカスカ状態でした。

左が破断したネジのすぐ上に来るリング、右が今回作った先端リング。

f:id:hikkigukobo:20211009234716j:plain

 

それぞれ作ったパーツ、ペン先とペン芯のすべてを取り付けて、完成しました。

f:id:hikkigukobo:20211009235602j:plain

 

修理完了。基本的な設計やサイズは踏襲されつつも、現在でも販売されているモンブランのNo.144。今回のモデルは最初期型のようで、雄ネジが樹脂であるのに対し、この後のマイナーチェンジ~現行モデルは金属製となります。

f:id:hikkigukobo:20211009235858j:plain