オプティマ3本まとめて~ / AURORA OPTIMA

インクタンク破損のアウロラオプティマの修理依頼が3本も重なってしまったため、まとめてお直しした記録をご紹介します。

・マーレ(限定) Marle

・ジュエリーコレクション/シルバーキャップ(限定) Jewelry Collection  No.G11

・バーガンディ  Burgundy

破損個所は各々多少異なりますが、インクビューのクラック破損によるインク漏れという症状は一致しています。

 

マーレとバーガンディ。

 

ジュエリーコレクションもインク漏れがする上、更に首軸にも大きくクラックが入っていました。なお、過去にメーカー及び他業者による修理を受けているとのことですが、それが応急招致的なものだったのか再びインク滲出が起きたとのことです。

 

インクタンク全体を胴軸から取り外すための加工を行います。接着で作られているため、胴軸を壊さないよう、透明材のみを削る要領です。

 

首軸内部にもインクタンクの一部が残っているため、ねじを壊さないよう慎重に削り取ります。

 

インクタンクの製作。

 

同じ方法でバーガンディの胴軸を加工します。

 

出来上がったインクタンクに首軸と吸入部品を仮装着して、水で吸入・排出のテストを行います。

 

ジュエリーコレクションのみ、首軸の製作が必要でした。写真は完成したところで、傷取り&艶出し研磨前です。

 

困ったことに、(前の業者さんによって)ペン先とペン芯をセットするソケットが接着されていました。再利用するための取外しが出来ず、一部が分離破損してしまいました。已む無く、ソケットも作って対応しました。 ※写真下

 

左が破損したオリジナル、右が作った方でソケットは未装着。

 

胴軸からインクタンクを削り取りました。

 

出来上がったパーツ、インクタンクを仮付けした状態。

 

インクタンクをオリジナルに近い色に染色処理を行い、組み立てに入ります。ジュエリーコレクションのみ、少し色合いが異なりました。

 

修理完了! バーガンディはインクビューと首軸の間のリングがない(破損時の紛失?)ため、その厚みの分、インクタンクの寸法を長く作ってあります。

 

前述のように真ん中のジュエリーコレクションのみ、首軸もノンオリジナルとなります。