パーツの寸法は違えど / Montblanc Meisterstück 142

古いモンブランの万年筆の胴軸を2本まとめて作りました。モデルは14Xシリーズ最小の、マイスターシュテュックNo.142。どちらも前期型の、それも胴軸がほぼ同じ壊れ方だったため、効率良く直せました。

 

この万年筆は吸入不良のピストンシールを交換するためには首軸を外して行いますが、セルロイドの経年収縮により、胴軸のネジ側から割れてしまっています。

 

こちらはもう1本の142。

 

割れたネジの一部が欠損してしまっています。

 

同じ原料から製造されている2種類のセルロース樹脂を材料に使います。セルロイドもそうなのですが、無色透明と言ってもアクリル程の透明度ではなく、削る前は若干飴色に近いです。

 

ろくろで削り、ネジ切りを行いほぼ形になりました。当初の飴色から大分白っぽくなっているのが、お分かりでしょうか?

 

オリジナルのインクビューの色に合わせ、透明材は染色を行います。更にネジ山もやはりオリジナルと同じく、黒く塗り終えました。ここが当時のモンブランの高級品としての拘りのようです。内面の研磨を終えた後、吸入器を仮装着して吸入・排出のテストを行います。

 

染色による膨張がおさまるのを(最低)1日待ってから、アウターの黒いスリーヴを取り付けます。最後に表面をバフ掛けして、代替パーツ x2の完成となります。

 

因みにこの2本、同じモデルでありながら胴軸やキャップの長さがそれぞれ約1mm違います。No.144, 146, 149も同様に。製造ロットや時期の違いか正確な理由は知りませんが、それ故に同じモデルでも個々のボディパーツに合わせながら作るしかないのが辛いところです。それに加えて材料の収縮の進行度も、1本1本すべて違うため、ネジの外形&内径も合わせる必要があります。数本まとめての作り置きが出来ず、修理依頼の度に現物と合わせて対応するしかない理由がここにあります。