万年筆製作日誌 Conway-Stewart の材料をつかって

コンウェイ・ステュワートの柄で、1本作って欲しい」というご依頼で製作しました。もちろん当工房でオリジナルの材料はないため、お客さんの方で入手して貰っての取り組みとなります。

入手を待って、後日10数センチのコンウェイオリジナルのアクリル材3本をお預かりしました。ご希望の万年筆を作るにはギリギリの量だったので、失敗した時の予備の材料もなく緊張しました。失敗すれば、また入手して頂くしかないですから。

f:id:hikkigukobo:20200210000113j:plain

 

「出来るだけ太く作ってください」とのご依頼で、外形は材料と同じΦ20.5mmと、かなり巨大なペンに仕上がりました。最初から2個の金リングも希望されてましたが、たまたま材料と同じ外径の在庫があったのは本当に幸運でした。

f:id:hikkigukobo:20200210000125j:plain

 

製作費の都合でペン先は在庫のスティール製を使いました。これほどのオーダー品なのに意外かも知れませんが、実用重視で特に金ペン先とかには拘りのない方でした。そのため、14K/18Kペン先付のお見積よりもかなり価格も抑えることが出来ました。

f:id:hikkigukobo:20200210000134j:plain

 

下の艶がない材料は、切り落とした端材です。

f:id:hikkigukobo:20200210000146j:plain

 

黒くて目立ちませんが、キャップトップとボトムの表面にそれぞれ転がり防止のストッパーを付けました。これは、元々クリップの上に来るクラウンを使いました。

f:id:hikkigukobo:20200210000154j:plain

 

こちらが依頼主様が用意された図面です。イラストに近い黄色いクラウンも在庫にあるのですが、質感が少々安っぽく、全体のデザイン(実物)を損ねてしまうため、黒の物をお勧めしたいきさつがあります。長旅のお供用の万年筆で、無事出発に間に合いました。その後頂いた連絡で、毎日活躍中だそうです。

f:id:hikkigukobo:20200209235737j:plain

 

 

 

 

 

 







 

セルロイド軸接合修理 / VISCONTI Michelangelo Grande

ヴィスコンティセルロイド製万年筆の胴軸を修理しました。
ミケランジェロ・シリーズの大型の方の万年筆、グランデ(プランジャー式)。

 

f:id:hikkigukobo:20200113234336j:plain

f:id:hikkigukobo:20200113234421j:plain

胴軸のネジよりやや下の部分が水平に割れて、亀裂が一周してしまっています。また、小さい破片も数ピース欠損しており、ここからインクが漏れている状態でした。

 

f:id:hikkigukobo:20200113234440j:plain

両用式なら別素材で胴軸全体を作ってしまう等で、実用上インク滲出は防げそうなものの、吸入式となるとそうはいかないでしょう。

 

f:id:hikkigukobo:20200113234453j:plain

一旦割れると崩壊がどんどん進むセルロイドの、それも特に内部圧の強いプランジャー式と来れば、お預かり前から修理は無理か、キャップ以外全製作しかないと予測していました。ところが実際お預かりして、割れた胴軸の上下・首軸が上手く外れてくれた上、プランジャー・タンクがセルのボディとは別個体であることが分かりました。従ってボディの上部分を作って接合すれば修復出来るかも知れないと、俄かに希望が湧きました。なお、首軸は完全に無傷でした。
とはいえ、例え上手く外観を修復出来たとしても、内部からの漏れを完全に食い止められるかは、最後までやらないと分からない不安は払拭出来ません。それが修理する側の辛いところです。

 

f:id:hikkigukobo:20200113234505j:plain

当初はエボナイトで一部を作るので、お直し出来ても黒色とグリーンセルの混合になってしまう旨は、お預かり前からお伝え済みです。依頼主様は、元通りになることは難しくインク漏れがなければ大丈夫です、というお気持ちでした。
ところが幸い、似たマーブルグリーンのアクリル材があったため、予定を変更してこちらを使う事にしました。胴軸の破断面を水平に削り取り、棒材から上半分を作って再現しました(右上)。

このようなケースでは以下の2通りの方法があります。
①まず内部がピッタリ合うように削り、胴軸に接合し、接着乾燥後に外径を忠実に再現。
②ネジを含め、すべて先に作っておき、最後に胴軸に接着接合。

今回は②を選択しました。理由はセルロイドは一旦崩壊すると、残った側も内部で損傷を受けている可能性が大きく、接合後に削りやネジ切りを行うと振動や衝撃が伝わって、作業中に破損を起こす恐れがあるからです。しかし崩壊の心配さえなければ、作業としては①の方がやりやすいのです。

f:id:hikkigukobo:20200113234518j:plain

接着剤を使わない”仮接合”でインクや水の吸入&排出で、滲出が起きませんでした!

f:id:hikkigukobo:20200113234530j:plain

後は接着し、乾燥を待って研磨作業を行えば完了となります。この研磨で、オリジナルのセルロイドとアクリルの境界をある程度目立たなく出来ました。

余談ですがプラチナ70周年記念万年筆やセーラー・レアロも、吸入方式は異なるものの、今回のミケランジェロ・グランデ同様、胴軸と吸入機構が別体の構成です。

 

 

 

 

 

 

万年筆製作日誌 革巻き用

ちょっとユニークな万年筆軸を受注・製作しました。個人のオーダーで、2本のご注文でした。ご自身で胴軸に革を巻くことを前提としたもので、胴軸表面の大部分は革の貼り付けスペースとしました。写真のように、約1mmの深さでえぐった形です。
上の軸がキャップを後ろに挿した(ネジ留め)状態、下の軸はキャップを閉じた状態。ほとんど違いが分かりませんが・・・。

f:id:hikkigukobo:20200102004943j:plain

 

以下の写真は納品後にお客さんから送られて来たものです。余程嬉しかったのでしょう、様々なバリエーションを見せて下さいました。なお、すべて本番(接着)ではない仮付けだそうです。 ※すべてお客さんからの解説になります。

 

f:id:hikkigukobo:20200102005039j:plain

f:id:hikkigukobo:20200102005022j:plain

色の濃い方が『浅桟革』という漆を塗った革。
白っぽいのはイタリアのアズーラ社の『アラスカ』

 

f:id:hikkigukobo:20200102005057j:plain

『ブッテーロ(革)』

 

f:id:hikkigukobo:20200102005129j:plain

f:id:hikkigukobo:20200102005148j:plain

ミネルバボックス(革)』

 

f:id:hikkigukobo:20200102005202j:plain

ヒクイドリ(鳥革)』

 

f:id:hikkigukobo:20200102005217j:plain

 『ブラジリアンローズウッド(ツキ板)』

 

どれも見た目だけでなく、手触りでガラリと印象が変わるのが楽しみの一つと仰ってました。また本番ではより厚みの調節を詰めたり、継ぎ目を目立たなくする作業に時間を費やされます。
当然私は張り合わせ後の実物に触れていない訳ですが、依頼主様の拘りがよく伝わり楽しくなって来ました。
なお、お客さんのご希望で実物は外径Φ15mmのシリンダー型で、長さをギリギリまで短くするため、コンバーターも入らない、カートリッジのみの仕様です。

 

 

 

 

 





 

モンブラン両用式 首軸修理② / Montblanc Classic & 221

以前にもモンブラン3桁シリーズの首軸破損の修理をご紹介しました。

モンブランのカートリッジ式 首軸修理 / Montblanc No 221 - 筆記具工房のブログ

 

今回は2本の修理例をご紹介します。

1本は前回と同様、コネクター部の製作。そしてもう1本はコネクターと首軸フードの両方が破損してしまったため、どちらも製作した例です。

 

クラシックという、正確には3桁シリーズの流れを汲む1980年代のモデルから。
首軸先端に数か所ひび割れがあり、またカートリッジ・コンバーターを接続し胴軸の開閉のためのネジがあるコネクターが真っ二つに破断していました。依頼者様のご希望で、フード部は接着補修ではなく、新たに作ることになりました。2本とも前回との主な違いは、コネクターを透明アクリルではなく、エボナイトを削って作ったことです。

外側からインクは見えなくなりますが、引き換えに強度は確実に上がります。

右側が製作したフードとコネクターです。

f:id:hikkigukobo:20191120231203j:plain

 

白い窪みの部分に、ペン先とペン芯のユニットを装着します。

フードの形はかなり変わってしまいますが、オリジナルの成形品のような複雑な形には出来ないため、実用優先でこのようなデザインとしました。

f:id:hikkigukobo:20191120231252j:plain

 

すべて取り付けて完成です。

f:id:hikkigukobo:20191120231127j:plain

 

2本めはNo.221です。こちらもコレクターが真っ二つに割れてしまっていますが、フードは割れもなく問題ありませんでした。

f:id:hikkigukobo:20191120231328j:plain

 

クラシックと同じく、コネクター側をエボナイトで削り出しました。

上の突起のある白いパーツは穿刺チューブです。これ1つでペン先ユニットを載せ、反対側はカートリッジ/コンバーターを取り付けます。これはABS材から作りました。

オリジナルはコネクターの中に組み込まれた一体型ですが、これも成型のようには出来ないため、このように2つに分けて作る必要があったのです。

f:id:hikkigukobo:20191120231433j:plain

 

そしてコネクターと穿刺チューブを接着します。

f:id:hikkigukobo:20191120231450j:plain

 

これで前述の2つの役目+フード(首軸)にネジ装着出来るので、機能する訳です。

f:id:hikkigukobo:20191120231507j:plain

 

クランプリングと元のフードを取り付けて、完成しました。

f:id:hikkigukobo:20191120231558j:plain

f:id:hikkigukobo:20191120231532j:plain

 

余談ですが、ほぼ同じ設計(デザイン)のモデルだから、効率良く2本まとめて作業出来ると思ったのですが、”読み”は外れました。つまり3桁シリーズとクラシック(後のジェネレーションを含む)では、見た目がよく似ていても形やネジの規格といったものが異なり、共通パーツはゼロでした。なお、ペン先&ペン芯のユニットは互換性がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボールペン口金破損 / Montblanc Starwalker

ボールペンを落として、口金部分が分離破損してしまいました。
モンブランのスターウォーカー(メタルラバーライン)です。このモデルは特にここの部分が衝撃に弱いらしく、皆同じ壊れ方でたまに修理依頼があります。

f:id:hikkigukobo:20191014235916j:plain

 

正確にはメタルの口金そのものが破損したのではなく、グリップと繋ぐ内部のネジ部分が折れて、折れた残骸がそのまま口金側に持っていかれてます。

修理はまず、口金に残ったネジ樹脂の残骸を完全に取り除くところから始めます。元々接着されていたので、口金内のネジを壊さずに綺麗に取り除くのが時間を要します。

f:id:hikkigukobo:20191014235936j:plain

 

本体グリップ側。この先端に本来ある筈のネジがほとんど残っていません。

f:id:hikkigukobo:20191014235958j:plain

 

ネジの残滓を残らず削り取った後、材料を埋め込むための穴を開けます。
開けた穴の内径は約Φ5.0mm。
そして外径5mmのエボナイト材を埋め込み、接着します。

f:id:hikkigukobo:20191015000239j:plain

 

本来の長さを予想計測し、その長さに材料をカット、口金に収まるようネジを切りました。そして芯(リフィル)が出る穴も空けます。その際、反対側からももう少し太い径で途中まで穴開けを行います。リフィル先端が出るだけでなく、丁度良い位置で止まる”段”の役目の穴です。

f:id:hikkigukobo:20191015000301j:plain

 

ネジが完成したら、先ほど残滓を削り取った口金を回して取付けます。

f:id:hikkigukobo:20191015000321j:plain

 

リフィル、本体チューブを組み直します。そして普通通りに本体を回転させて芯が出たらOKです。この後一旦また外し、口金とネジを接着したら修理完了となります。

f:id:hikkigukobo:20191015000354j:plain

 

同じスターウォーカーでも、現行モデルと今回の初~中期モデルは内部構造が違うのでしょか? メーカーからパーツ無しを理由に修理を断れたとのことです。従って、現行品の修理の場合はまずメーカーにご相談ください。

f:id:hikkigukobo:20191015000413j:plain



 

 

 

 

 





 

万年筆製作日誌 / PILOT エリート E-300

1960年代の国産万年筆のボディ製作を依頼されました。どこも壊れている訳ではありませんが、「書き味、持ったバランスは申し分ありませんが、アルマイトの嵌合式キャップが如何にもチープです」という事でした。2本の製作依頼で、ベースとなる同じモデルのキャップカラー違いを2本お預かり致しました。

f:id:hikkigukobo:20190927173526j:plain

 

より詳細なご希望は①オリジナルとほぼ同じ全長、キャップを後ろに挿した時も同じ ②材料はエボナイト ③クリップは出来れば2種類 ④上下フラットエンド
削りと仕上げ研磨が終わりました。胴軸の形、外径はオリジナルとほぼ同じなので、写真からは質感の違いが伝わりにくいかも知れません。一方、キャップはネジ式のように一回り太く、かなり安定した感じになりました。外径の比やバランスは、一般的なネジキャップの万年筆に似ています。

f:id:hikkigukobo:20190927173541j:plain

 

下がオリジナルのまま、上は胴&キャップとも製作したボディを装着した物です。ご注文通り、後ろに挿した状態でオリジナルとほぼ同じ全長にしました。胴軸側面の削りを繰り返しながらで、この調節が結構難しいです。

f:id:hikkigukobo:20190927173610j:plain

 

2本とも出来立てのボディを装着。ネジの開閉ではなく、板バネを取り付ける嵌合式の製作依頼はとても稀です。さて実際に握ってみると、滑らず軸が少し太くなった分、安定感はかなり向上した印象です。

f:id:hikkigukobo:20190927173625j:plain

 

同じ軸を2本まとめての製作だったため、お値引きしました。

f:id:hikkigukobo:20190927173637j:plain

 

 

 

 

 

キャップ装飾リング製作 / Montblanc L139

キャップの縁が欠けた大型アンティーク・セルロイド製万年筆の、外形復元修理をご紹介します。実は写真を撮る前に作業に取り掛かってしまい、ご依頼時の姿をお見せすることが出来ませんでした。したがって、下のような状態からのスタートです。言い換えれば、記事用か記録用以外、普段いちいち写真を撮ったりはしません。

キャップ縁が割れて一部欠損した状態から、一番下のリングを取り出すために削り取ります。その時の切削の衝撃で、残念ながら切れてしまいました。切れた細い銀製のリングは元から脆かった訳ではなく、ただでさえ経年で外径が広がり、指でくるくる回ってしまう程変形・金属疲労を起こしていました。

f:id:hikkigukobo:20190908010602j:plain

 

参考までに同じ症状のキャップを。取り掛かる前の139は正にこんな感じでした。これは同じモンブランの124 という更に古いモデルです。もちろん、ご依頼の内容も同じです。

f:id:hikkigukobo:20190908010700j:plain

 

削り取ったセルロイドの縁部分を作る前に、リングを同じサイズに製作します。銀がないので、お客さんに相談して別素材の真鍮で対応する事にしました。先ずは同じ内径に内側から切削加工、カットしました。念のため、予備も作ります。

f:id:hikkigukobo:20190908010715j:plain

 

外形も変形する前の予想サイズに削ります。そしてオリジナルの銀に近付けるべく、ロジウムメッキをおこないました。

f:id:hikkigukobo:20190908010727j:plain

 

非常に肉薄なため、取り扱いに注意しないと指でつまみ上げる際に、簡単につぶれてしまいます。

f:id:hikkigukobo:20190908010738j:plain

 

樹脂を削って2つのパーツを作ります。①糊代を含めた縁部分全体 ②細い・太いリングの間に入る黒いリング
オリジナルはこうした分割パーツではなく、セルロイド単体のキャップチューブに溝加工して、3個のリングを嵌め込んでいたようです。

f:id:hikkigukobo:20190908010801j:plain

 

縁を床に置いてますので、キャップを立てたのと同じ状態なのです。そこに製作したリング、中間のエボナイトリングを取り付けたら、縁パーツは完成。内側の段は、キャップ本体に接合する際の、糊代になります。

f:id:hikkigukobo:20190908010814j:plain

 

縁表面の樹脂を磨いて、キャップチューブ本体に接着して修復作業は完了しました。
一番上の細いリングは、オリジナルの銀のままです。このようなコントラストだから、似た色のロジウムメッキを施す必要があったのです。
写真では省きますが、キャップ(縁)内側の切削微調整が大切です。外径だけ完成しても、この内径の最終加工を行わないと胴軸後ろに安定して挿さらない上、開閉の際に、胴軸のネジ下をすぐに傷付けてしまいます。折角作った縁を壊さないように内側から削る、最後の大仕事になります。

f:id:hikkigukobo:20190908010829j:plain

f:id:hikkigukobo:20190908010850j:plain

f:id:hikkigukobo:20190908010902j:plain