ジェイドグリーン(セルロイド)万年筆の胴軸製作 / Montblanc Ⅲ Jade Green

アンティーク・モンブランの胴軸製作の修理です。非常に貴重なジェイドグリーンのセルロイドボディで、何でもこの状態で海外から入手されたとか。

f:id:hikkigukobo:20190518234050j:plain

ただ現物をよく見ると、丁度インク窓と色柄の境目で水平に破断しています。不幸中の幸いか、ジェイドグリーンのセルロイド箇所には、ヒビ割れ一つありませんでした。

過去のペリカン100 / 100N の修理の時と同じく、色柄の部分を上手く取り外して、これから製作する胴軸に被せる修理を最初から検討していました。しかしモンブランのこの型式を手掛けるのは初めてで、ペリカンの時と同じ要領で出来るかやって見るまで分かりませんでした。しかし破断面からも、グリーンの外筒と内部の透明セルの境界ははっきり分かります。

f:id:hikkigukobo:20190518234059j:plain

 

作業開始。接着を解いて透明セルを取り外せそうにないため、やはり中を削り取って外筒を無傷で取り出す作戦です。つまり内部の透明セルはすべて削って無くなってしまう訳です。

f:id:hikkigukobo:20190518234108j:plain

 

写真では省略していますが、いきなり内部の透明セルロイドと同じ外径の刃物を当てる訳ではなく、細い刃物(錐)少しづつ太いものに変えていきます。それもちょっと削っては刃物を水に浸けて冷やし、またちょっと削るということの繰り返し。切削の衝撃で全体をバリバリっと割ってしまったら一巻の終わりです。またまめに刃物を冷やさないと、薄くて脆いセルロイドの外筒を内部から膨張&変形させてしまいます。

f:id:hikkigukobo:20190518234119j:plain

 

無事、外筒だけを綺麗に分離させることが出来ました。これで一番難しい作業は終わりです。後は透明アクリルで、オリジナルのインクビューを兼ねた胴軸本体を製作します。

f:id:hikkigukobo:20190518234138j:plain

 

先に取り出したジェイドグリーンの外筒を被せ、全体の雰囲気を確認します。一旦ここでピストンユニット一式を仮付けして、水の吸入・排出試験を行います。

f:id:hikkigukobo:20190518234151j:plain

 

次に破損したオリジナルのカラーを再現するかたちで、染色します。染色液の色の配合が一度で上手くいくとは限らないので、この作業も時間を必要とします。透明アクリルの端材を使って、何度も染色します。それで納得のゆく色が出来て、最後に製作した胴軸を染色するのです。破損していたとはいえ、この万年筆は年式の割には非常に綺麗な状態でした。普通、インクと経年でこんな透明度の高い軸は滅多に出てきません。

f:id:hikkigukobo:20190518234205j:plain

 

再び外筒を被せ、接着して一晩置きます。後はすべてのパーツを取付け、ペン先の調整を行ってようやく作業終了となります。

f:id:hikkigukobo:20190518234221j:plain

f:id:hikkigukobo:20190518234232j:plain

 

実は昨春(2018年4月)の修理で、記録写真を撮ってそのままだった事をすっかり忘れていました。

f:id:hikkigukobo:20190518234246j:plain

インク止め式の胴軸修理(製作)

胴軸が真っ二つに折れた、インク止め式の万年筆を依頼されました。ネジより少し下が完全に破断してしまっています。

f:id:hikkigukobo:20181111222214j:plain

f:id:hikkigukobo:20181111222224j:plain

 

ここは接着では今後の耐久性を保証できないため、依頼主様と相談した末、胴軸部分だけを製作して対応することに決まりました。

f:id:hikkigukobo:20181111222232j:plain

 

採寸後、同じ素材のエボナイトを切削して復元完了。

f:id:hikkigukobo:20181111222242j:plain

 

もちろん、パッキンユニットを含めての製作してあります。少しでも修理(製作)代を軽くすべく、尾栓(尻軸)はオリジナルを流用しました。

f:id:hikkigukobo:20181111222251j:plain

 

修理完了です。この塗りは元々お客さん自身が専門の人に塗って貰ったそうで、納品後同じ塗師に胴軸部分の塗り直しを依頼されるそうです。従って削り出した胴軸の表面も、漆を塗られる前提の仕上げとしてあります。いわゆる中仕上げでして、これをピカピカに仕上げてしまうと、漆が”滑る”のです。ある程度のザラツキが必要になります。今回胴軸のみの製作と言っても、話はそう単純ではありません。直接スポイトで入れるアイドロッパー式でもある訳ですから、カートリッジ式等の胴軸よりあらゆる面で”精度”が求められます。首軸との接合箇所である、面の挽き合わせ。ここはやはりインク止め製作と同様にインクが内側から滲み出ないように細心の注意で削ります。大工仕事で例えれば、カンナで裏が透けるぐらいなクズを出す要領です。そしてネジで留める中芯の位置合わせ・・・等々。

f:id:hikkigukobo:20181111222305j:plain

 

 

 

 

 

ボールペン口金製作 / Pelikan K320 Orange

軸の先端が割れたペリカンの小型ボールペンで、金属の口金(くちがね)も紛失してしまっています。百貨店経由でメーカーから修理不能と断られたそうです。つまり同じ色のパーツそのものをストックしていないのだと思います。

f:id:hikkigukobo:20190330233324j:plain

 

近年のカラフルなレジンは衝撃に弱く、同じモデルでもどうしても黒などのAS樹脂等より割れやすいきらいがあります。特に小さければ肉薄ゆえ、より衝撃に不利な訳です。依頼されたボールペンは、回転の芯出し入れの機能は壊れていませんでしたが、1cm程ほど先がないので宙ぶらりんな状態でした。

f:id:hikkigukobo:20190330233401j:plain

f:id:hikkigukobo:20190330233410j:plain

 

まずは完全な平面が出るまで、=傷の一番深い部分まで削って整えます。そしてこれから作る口金を内部で受けるための、凹状のスペースを設けます。

f:id:hikkigukobo:20190330233424j:plain

 

ご依頼を受けた時は、エボナイト等の樹脂で切削・接合して対応する積りでした。しかし、このカラフルなオレンジ色を見て気が変わりました。お客さんからは了承を得ていたとはいえ、オレンジの先っぽが”黒”というのはもう少し何とかしたいと思い直したからです。そこでなるべくオリジナルに近づけるべく、真鍮で製作することに変更しました。当然この小さなパーツでも、樹脂と金属では後者の方が加工難易度が高く時間もかかります。

f:id:hikkigukobo:20190330233437j:plain

 

胴軸にぴったり収まるところまで削ったら、反対側にチャッキングし直します。見本用に同じ形のペンがある訳でもないので、ウェブの写真を見てほぼ想像で再現するしかありません。

f:id:hikkigukobo:20190330233447j:plain

 

完成後、センター(穴の位置)がずれていたらカッコ悪いので、リフィル先端の穴は最後に開けます。使用するドリルは0.5mm単位のサイズ違いの規格で、例えば2.35mmの次は2.40mmという具合です。このドリル選びがリフィル先端脇のスペースを、つまり安定した書き味を左右します。当然狭いほど安定する訳ですが、ぴったりだと芯の出し入れが硬くなってしまいます。

f:id:hikkigukobo:20190330233500j:plain

 

口金の削りが終わったら仮装着して収まり具合、芯を出した時の見た目の位置を確認します。

f:id:hikkigukobo:20190331003417j:plain

 

後は金メッキ処理、接着で完了となります。

f:id:hikkigukobo:20190330233522j:plain

f:id:hikkigukobo:20190330233543j:plain

f:id:hikkigukobo:20190330233609j:plain

 

ペン先の修理・変形矯正

2本のペン先曲がりの万年筆を採り上げます。先ずはMontblanc 221から。見た目はそれほど変形している訳ではありませんが、明らかに先端が両方とも歪み、結果として引っ掛かり・インク切れを起こしていました。

f:id:hikkigukobo:20190321223240j:plain

f:id:hikkigukobo:20190321223302j:plain

 

専用のヤットコ数種で曲がった左右を整えます。大まかな形に修復できたら、鉛の槌で細かい曲がりを裏側・表面と交互に少しずつ叩いて直します。

f:id:hikkigukobo:20190321223404j:plain

 

一旦ヤスリ掛けをして工具による表面傷を磨きます。

f:id:hikkigukobo:20190321223348j:plain

 

f:id:hikkigukobo:20190321223319j:plain

 

研磨後、バフ掛けをしました。洗浄後再び首軸にセットしたら、インクを付けて仕上げの調整を行い完了。

f:id:hikkigukobo:20190321223448j:plain

f:id:hikkigukobo:20190321223509j:plain

 

 

次はPARKER 75 セレクトのペン先直しの工程写真です。床に落として大きく”くの字”に曲がってしまっています。

f:id:hikkigukobo:20190321223605j:plain

f:id:hikkigukobo:20190321223642j:plain

 

もちろん、全く欠けない状態です。

f:id:hikkigukobo:20190321223627j:plain

 

これは槌で叩く作業は最低限に留め、ほぼヤットコでのお直しでした。一応形はほぼ修復出来ましたが、工具の痕が表裏に残っています。

f:id:hikkigukobo:20190321223702j:plain

 

 モンブランと同様に数種のヤスリで慎重に研磨し、修復痕を消していきます。 

f:id:hikkigukobo:20190321223725j:plain

 

バフ掛け。まだ細かい傷が残っているため、目の細かいヤスリで残った傷部分のみ掛け直しを行います。

f:id:hikkigukobo:20190321223805j:plain

 

目立つ傷がほぼ消えたら、洗浄して本体に取り付け直します。インクを付けて筆記調整を終えて完了。

f:id:hikkigukobo:20190321223822j:plain

 

f:id:hikkigukobo:20190321223850j:plain

今回変形直しを行った2本、実はモンブランの方が時間と手間が掛かりました。変形が小さい方が簡単に早く直る印象を持たれるかもしれませんが、実際はそうでもないのです。小さな変形の方が大変な場合もある等、ペン先矯正は一筋縄ではいきません。ペン先が変形する要因は色々ありますが、くれぐれも硬い床への落下にはご注意ください。残酷なことに万年筆って、ペン先から落ちるんですよね。

 

 

コンクリン、セイフティリングの修理 / Conklin Filigree

コンクリン・クレセントフィラーの大修理です。1920年代のオリジナル・コンクリンで、フィリグリー(透かし彫り)版です。お預かりした時は、唖然としてしまいました。まあ~エラい状態でした。

f:id:hikkigukobo:20190310172058j:plain

サック交換の際に失敗したのか、胴軸のネジ周りが2ピースも欠損。そしてコンクリンの代名詞、クレセントバーを固定させるセイフティリング(ロックリング)も欠損という有様でした。今回のようにダブルで来るとは珍しいです。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172117j:plain

依頼主の方はもちろんこの状態で入手されたのですが、いつのオーナーが取り付けたものか、セイフティリングの代替パーツが付けられていました。恐らくちゃんとロックの機能は果たしていたと思います。何かのパーツから拾ったのか、はたまた薄い銅板から作ったのかしっかり補修されていたのには感心してしまいました。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172137j:plain

f:id:hikkigukobo:20190310172200j:plain

まず代替リングを取外し、破損した胴軸をカットします。そして継ぎ足すための胴軸上部を作ります。完成した姿は後ほど登場します。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172225j:plain

セイフティリングをオリジナルと同じ形に作ります。凡そ4年振りですが、工房に残っていた過去の失敗(もちろん自分💦)の残骸を見本にします。厳密には前回のクレセントフィラーは一回り大きい軸だったため、今回のために縮小版を作ることになります。手順はリングを作り、横溝の装飾を入れ、クレセントが通る溝をノコで切ります。写真はその工程を終えて、切り込んだ溝の表面に平面にすべくヤスリで仕上げているところです。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172249j:plain

仕上げの研磨を除けば、形はほぼオリジナルと同じになりました。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172306j:plain

完成。下の物が使うパーツで、上はすべて失敗(1個見本を含む)。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172330j:plain

胴軸に仮付けして見ます。クレセントレバーの穴に対し、セイフティリングの切れ込み幅が若干広く気に入らないので、一旦また作り直します。でもイメージは掴んで頂けたかと思います。 ※なおリング脱着の際は熱で膨張させてから行うのが基本です。アンティーク(オリジナル)の場合は尚更で、経年+乾燥したエボナイトのリングはこれをやらないとすぐ割れてしまいます。今残っているアンティーク・コンクリンでリングがない物は、後のオーナーやコレクター諸氏が割ってしまった事が十分考えられます。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172353j:plain

リング、ストッパー機構の修理完了しました。プレス吸入後は、このリングを回転させて切れ込みを移動させ、クレセントが下に動かないようにする単純な仕組みです。それでその名の通りセイフティリングという訳ですね。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172430j:plain

先に作って接合した胴軸。

 

f:id:hikkigukobo:20190310172456j:plain

首軸にサックを取付け、すべての修理が完了しました。

 

 

 

首軸製作 / PARKER 75

これまでパーカー75の首軸リング製作の修理は2度ばかりご紹介して参りました。しかしインク漏れや付着のもう一つの原因は、グリップ部である首軸そのものの変形や破損です。75の首軸破損、特にクラックの場合は他の万年筆のように接着で直ることはほとんどないと言えます。そうなりますと、パーツを入手して首軸ごと交換が一番手っ取り早いのですが、廃盤になって20年は経つモデル故、メーカーも対応していません。それに中古パーツ単体の入手も簡単ではありません。

f:id:hikkigukobo:20190218235927j:plain

 

見事に大きなクラックでパックリ割れて、内部のコレクターのフィン(インク溜まり)が丸見えの状態です。これは樹脂の経年痩せにより自然に発生したひびです。まず接着では塞げません。

f:id:hikkigukobo:20190218235957j:plain

 

ペン先ペン芯一体ユニット、前述のコレクターそしてリングを流用して首軸本体を製作する方法を採ります。取り外せるパーツはすべて外し、コレクターは削って取り出すしかありません。基本的な作業の流れは、以前ご紹介したパーカー45と基本的に同じです。

f:id:hikkigukobo:20190219000206j:plain

 

これがコレクターという重要なパーツ。ペン先ペン芯ユニットを中で固定し、ある程度の量のインクを保持し、更にカートリッジ&コンバーターの取付け口とも一体となっています。

f:id:hikkigukobo:20190219000301j:plain

 

カートリッジの取付け口=穿刺チューブ側から。余談ですが、パーカー75が幾ら水洗いしても、なかなか首軸内部のインクを落とし切れない理由はペン芯と別体のコレクターが入っているからです。

f:id:hikkigukobo:20190219000314j:plain

 

首軸の製作に入ります。リング受けの外ネジ部分を切りました(手前)。

f:id:hikkigukobo:20190219000408j:plain

 

リングを仮締め。

f:id:hikkigukobo:20190219000427j:plain

f:id:hikkigukobo:20190219000444j:plain

 

ここからが45にはない指の当たる窪み加工。轆轤では加工できない形状で、丸い砥石を回転させて窪みを3か所彫ります。回転砥石に対し、首軸を手で持って当てるので、最も神経を使う作業です。手の当て方を間違えると、窪みを均等な3分割に出来ません。例えば窪み2か所の位置が近すぎると、残りの1ヵ所だけ離れた歪な形になってしまいます。折角轆轤でここまで削り出したのがパアになります。

f:id:hikkigukobo:20190219000503j:plain

 

作った首軸を磨き、洗浄し終えたらすべてのパーツを取り付けて組み立てます。

f:id:hikkigukobo:20190219000526j:plain

 

セッティング完了。

f:id:hikkigukobo:20190219000608j:plain

 

モニターインクを入れ、数日様子を見て安定して筆記が出来、かつインク漏れがないことを確認出来たらようやく完成(修理完了)となります。首軸がエボナイトなので、オリジナルより強固になりました。

f:id:hikkigukobo:20190219000629j:plain

 

 

 

 

 

 













 

万年筆製作日誌 / 竹軸インク止め式

前回に続き似たような竹風のストレート型、それもインク止め式の製作をご紹介します。竹+インク止めとなると、弊工房としましても最も製作難易度が高い万年筆の一つです。

f:id:hikkigukobo:20190206001707j:plain

f:id:hikkigukobo:20190206001731j:plain

f:id:hikkigukobo:20190206003323j:plain

どの軸を製作する場合もそうですが、無垢の材料からドリルで下(した)穴をあけると結構なクズが発生します。

f:id:hikkigukobo:20190206001036j:plain

4条ネジを切って、首軸を仮締めしたところ。

 

f:id:hikkigukobo:20190206000846j:plain

青緑の軸も同様に。

 

f:id:hikkigukobo:20190206001005j:plain

 

f:id:hikkigukobo:20190206001420j:plain

ここはパッキンユニット。

 

f:id:hikkigukobo:20190206001257j:plain

パッキンとナットを入れる穴を空け、尻軸と接続させる外ネジを切ります。

f:id:hikkigukobo:20190206001552j:plain

尻軸とネジで接続

 

f:id:hikkigukobo:20190206001146j:plain

パッキンのナットを製作

f:id:hikkigukobo:20190206001224j:plain

f:id:hikkigukobo:20190206001508j:plain

パッキンを入れ、先ほど作ったナットを閉めます。

 

f:id:hikkigukobo:20190206002045j:plain

すべてに尻軸(一番下の節)を取り付け、胴軸が完成。

 

f:id:hikkigukobo:20190206001905j:plain

キャップ側の製作。胴軸に被せる4条の内ネジを切ります。

 

f:id:hikkigukobo:20190206001941j:plain

胴軸との締り具合を確認+微調整

 

f:id:hikkigukobo:20190206002206j:plain

キャップ完成。次に装飾加工である、節と節の間を湾曲に削る最も困難な作業です。

 

f:id:hikkigukobo:20190206002244j:plain

f:id:hikkigukobo:20190206002306j:plain

f:id:hikkigukobo:20190206002421j:plain

外径削りが完了しました。

 

f:id:hikkigukobo:20190206002700j:plain

次にインク止め式に欠かせない、中芯作り。Φ3mmのエボナイトの中に、折れ防止用のピアノ線が入っています。

 

f:id:hikkigukobo:20190206002806j:plain

中芯後軸をテーパ状に少しだけ削ります。

 

f:id:hikkigukobo:20190206003044j:plain

尻軸内部と接続させるための、逆ネジを切ります。この工具は特注です。

 

f:id:hikkigukobo:20190206003108j:plain

先ほど入れておいたパッキンに中芯を通し、そしてやっと尻軸と繋ぎます。写真はペーパー研磨を終えた状態。

 

f:id:hikkigukobo:20190206003209j:plain

インク止式なので、取付けが終わったら胴軸に水を入れて、バルブ(尾栓)開封によるインク出/インク止の試験を行います。

 

f:id:hikkigukobo:20190206003428j:plain

バフ掛けを行い、水洗いして完成!

 

f:id:hikkigukobo:20190206003523j:plain

f:id:hikkigukobo:20190206003544j:plain