パーカータイプの回転メカをモンブランに応用できました! / Montblanc turbo

モンブランの1970-80年代のターボというシリーズのツイスト式ボールペンです。落としてしまった際に、キャップチューブと胴軸側が分離破損してしまったとのことです。一番下のグレー+メタルのパーツは、リフィルを繰り出す最も重要な部分です。これはお預かり後に引き抜いて取り出した状態です。

f:id:hikkigukobo:20181012103724j:plain

 

本来の位置に装着して見て、外れてしまった上に回転機能が働かない理由が分かりました。カバー部の樹脂の割れが著しく、スカスカで全く接続出来なくなっていました。回転するのは先端のメタルのみで、割れたカバー部分は本来固定されて動かないのが正常です。ところがこの状態では、ストッパーにならず回転つまみと一緒に空回りしてしまいます。

f:id:hikkigukobo:20181012103741j:plain

 

そこでパーカータイプの回転メカ(パーカー純正ではありません)を移殖して取り付ける事にします。モンブランとパーカーではリフィルの形もサイズも異なりますが、この種の構造のボールペンではある位置で伸縮の機能を果たしてくれれば良い訳で、ストロークもほぼ同じです。また上部の回転つまみも、キャップチューブ内の窪みにピッタリ収まる事を確認しました。問題は形の異なるこの他社製のメカを、ボールペン先端が決まった位置に出し入れできるように持って行けるかです。つまり、メカをその丁度良い位置にどうやって固定させるかという事になります。 ※写真は移殖する新品のパーツ

f:id:hikkigukobo:20181012103820j:plain

 

寸法を測って、メカを固定させる位置を決めたら作業に入ります。まず、オリジナルのメタルパーツを留める胴軸上部を切り落とします。

f:id:hikkigukobo:20181012103841j:plain

 

残った胴軸側のリフィル挿入口の内側にネジを切りました。

f:id:hikkigukobo:20181012103919j:plain

 

次に回転メカと胴軸を繋ぐためのパーツを樹脂で製作します。

f:id:hikkigukobo:20181012103932j:plain

 

先にネジを切った胴軸側に装着するためのネジを切ります。

f:id:hikkigukobo:20181012103943j:plain

 

胴軸と製作した接続パーツを取り付けます。

f:id:hikkigukobo:20181012103958j:plain

 

一旦リフィルがスムーズに入るかチェック。

f:id:hikkigukobo:20181012104029j:plain

 

リフィルに蓋をするように、製作した接続パーツと新品の回転メカをネジで締めて固定します。

f:id:hikkigukobo:20181012104012j:plain

 

この仮付け段階で回転つまみ(上の写真右側)を指で回して、写真のようにリフィルが適当な位置に出て留まる・収納出来ることを確認しました。

f:id:hikkigukobo:20181012104048j:plain

 

キャップチューブを圧入して、完成です。下の3つのパーツは、すべて不要となった物です。

f:id:hikkigukobo:20181012104101j:plain

f:id:hikkigukobo:20181012104113j:plain

 

 

 

 

 

格子溝の再塗装 / PARKER 75 Sterling Silver

パーカー75 スターリングシルバー(USA) の首軸リング製作修理と、退色した格子溝の塗装を依頼されました。首軸リングの製作は過去何度か採り上げましたので、今回ここでは省きます。リング破損の修理を機に、美しく蘇らせたいとのことでした。

f:id:hikkigukobo:20181007112131j:plain

 

まずは再塗装前のボディの写真から。パッと見、状態はまずまずですが、所々塗装の剥げが見られます。

f:id:hikkigukobo:20181007112146j:plain

 

塗装に入る前に、キャップ、胴軸ともすべてのパーツを取り外します。

f:id:hikkigukobo:20181007112200j:plain

 

オリジナルに近い感じの塗料を全体に塗りました。溝じゃない方の表面も含めて、一気に全体に塗る方が、結果的に効率よく(ムラなく)塗りこめます。

f:id:hikkigukobo:20181007112216j:plain

 

数十分の乾燥を待ち、表面全体の研磨に入ります。轆轤にセットして、ボディ本体を回転させながら研磨ペーパーで溝以外の塗料を落とします。ボディが踊らずに芯を出して回転できるよう、樹脂材をボディ内側の形状に合わせて削ります。

f:id:hikkigukobo:20181007112228j:plain

 

荒削り、中間、仕上げの3段階の研磨を経て洗浄を行います。

f:id:hikkigukobo:20181007112240j:plain

 

パーツをすべて元通りに取り付けて、修理を含めて完了です。新品当時(カタログ写真も)は、こんな感じだったのでしょうか?

f:id:hikkigukobo:20181007112250j:plain

 

再塗装の前に製作・取付を行った真鍮製首軸リングが映えますね。

f:id:hikkigukobo:20181007112259j:plain

 

特に刻印文字やブランドのマークのメリハリ感は、再塗装前とは雲泥の差です。さてこの類のリペイントを行う場合、溝と表面の高低差が最低限残っていることが条件となります。言うまでもなく、表面が著しく摩耗していれば、塗料が綺麗に乗らなくなる訳です。

f:id:hikkigukobo:20181007112311j:plain

 このシリーズは今でも人気があるのでご存知の方も多いですが、銀特有のくすみでしばらく使わないと表面全体が自然に黒くなります。銀磨きで研磨すれば綺麗に輝きを取り戻せますが、これを繰り返すと(経年の原因がほとんど)塗装された溝の黒い塗料も摩耗させてしまうことがあります。今回のように、2つの作業を同時にご依頼いただければ、個別で依頼されるより幾らかお値引きも致します。

 

 

プラチナ70周年吸入再生 / Platinum 70th Anniversary Celluloid

1989年に発売されたプラチナ70周年記念の万年筆で、エメラルド・スパターと言うグリーンセルロイド版です。回転吸入式ですが、全くインクを吸い上げません。プラチナ本社でもパーツ保管が終了したため、現在受けられないそうです。

作業に入ります。回転つまみ(尻軸)がちゃんと作動するので、内部の吸入弁の摩耗か脱落は明らかでしょう。

f:id:hikkigukobo:20180930002205j:plain

 

プラチナ70周年は素材やフォルム、サイズなど幾種かあり、かなりのバリエーションから選べるシリーズでした。しかし、吸入機構及び内部のパーツはほぼ共通でした。この万年筆のボディパーツや吸入機構の一部は接着中心で、まず知識や設備がないと分解できない構造となっております。ペン先・ペン芯を抜き、首軸から外します。ここも接着されており、回しても引っこ抜こうとしてもまず外れません。写真では省略しましたが、まず熱などで糊の固着を緩くした後本体を轆轤にセットします。そして、モーター回転の遠心力で首軸の枠を取り外しました。

f:id:hikkigukobo:20180930002213j:plain

 

次にこれまたネジ+接着されたカバーを外します。

f:id:hikkigukobo:20180930002245j:plain

 

するとピストンの弁となる、Oリングが真っ二つに切れた状態で出て来ました。本来これが胴軸シリンダー内をシーリングして上下することにより、吸入・排出できるのです。ところがこれでは全く吸入できません。

f:id:hikkigukobo:20180930002224j:plain

f:id:hikkigukobo:20180930002234j:plain

 

新しいOリング(ホームセンター等では売られていない規格)を取り付け、パーツ及びシリンダー内を洗浄します。

f:id:hikkigukobo:20180930002254j:plain

 

元通り組立て&簡易接着を行いました。吸入・排出の試験を経て、基準量のインク吸入を確認出来たら完了です。今回、パーツが破損していなかったから良かったですが、そうでなければこちらでもオリジナルでのお直しは出来ません。また、この万年筆は轆轤挽きで作られている(吸入機構を除く)ため、前述のように轆轤を使わないと修理出来ない構造です。

f:id:hikkigukobo:20180930002301j:plain

 

 

 

インク止め式の製作

久し振りにインク止め式を挽き(作り)ました。長いお付き合いの業者様からのご依頼でした。胴軸φ18mm、キャップはφ20㎜とかなりの大柄です。

f:id:hikkigukobo:20180921234805j:plain

f:id:hikkigukobo:20180921234814j:plain

 

パッキンもナットも中芯も取り付けていない、インク止め式の素の状態です。ご存知、一般にはこのつまみ部分を”尻軸”又は”ブラインドキャップ”と言います。しかし万年筆の挽き物職人の間では、”ナナコ”と呼ばれていました。なぜナナコと言うのかは分かりません。私の先輩職人達も、理由までは知らなかったようです。

f:id:hikkigukobo:20180921234822j:plain

 

上記の3点すべて取り付け終えました。ここは修理の時と同じ要領です。

f:id:hikkigukobo:20180921234831j:plain

 

3本だけ磨いて完成。大きさ比較にモンブランの太軸(No.149)と一緒に。ご注文時にお預かりしたペン型は、国産の50サイズとほぼ同じです。サイズに関係なく、このペン先とペン芯がなければ万年筆のボディは製作できません。首軸の幅、穴径、深さ、そしてキャップのペン先が収まるスペース等すべてを合わせて作る必要があるからです。

普通漆や蒔絵を塗る場合は、ここまで研磨仕上げはしません。漆の乗りが悪くなるからです。一緒に作った他の軸は後から塗る予定の軸なため、ペーパー研磨までの仕上げ。

f:id:hikkigukobo:20180921234845j:plain

小さい万年筆と大きい万年筆、製作はどちらが難しいかと言うと返答に困ります。強いて言えば、そこそこの小ささならそっちの方が作りやすいです。反対に大きいと細かさは減るものの、削りシロが広く、そしてかさも多くなるため製作のエネルギーが増えます。例えばキシャゲと言う手に持った刃物で削る訳ですから、その抵抗が手に返って来るばかりか、被切削物も振動とかで狂い易いです。=(イコール)ぶれて芯が出ない。そうなると、芯出しという修正作業にまた時間を取られます。更にエボナイトは刃持ちが悪いため、刃物を研ぐ回数もより増えます。

納品後、蒔絵/漆を塗られてどんな感じになるのか、私も見たいものです。

回転式ペンシルの修理 / Montblanc Classic

ツイスト式のペンシルの芯が出ない故障です。キャップチューブ側を右に少し捻ると芯が出る、モンブランに多い方式なのですが、キャップ側が抵抗なく空回りしてしまい、芯が出ない状態です。 ※このペンシルは1980-90年代のクラシックというシリーズです。

f:id:hikkigukobo:20180901002810j:plain

 

キャップチューブとペンシルユニット本体を繋ぐカバーのパーツの表面に、大きな亀裂が発生していました。ここは通常ユニットをしっかり覆っているのですが、ここが割れていることにより、キャップ本体とともに空回りを起こしていました。この肉薄な部分の接着だけでは、とても力に耐えられません。また全体を製作しようにも、トップの回転パーツがはめ込んであるなど複雑な形状でちょっと難しいです。修理方法を決定し、作業に入ります。

f:id:hikkigukobo:20180901002818j:plain

 

轆轤にセットし、亀裂した筒部分をカットしてしまいます。下の写真は、カットして、取り外した状態。

f:id:hikkigukobo:20180901002832j:plain

f:id:hikkigukobo:20180901002854j:plain

 

修理方法とは、カットされた部分と同じような外枠を製作して継ぎ足すやり方です。継ぎ足し用の材料に穴空けします。

f:id:hikkigukobo:20180901003003j:plain

 

オリジナルの回転メカ本体を挿し込んで、内径の調節をします。緩過ぎずピッタリ収まることを確認しました。

f:id:hikkigukobo:20180901003012j:plain

 

作ったパーツの一部が左です。

f:id:hikkigukobo:20180901003044j:plain

 

上の二つを接着し、ペンシルユニットに取り付けます。がっちりカバーとして収まりました。右側のリング状のメタルパーツに、突起が見えると思います。ここがキャップチューブの一番奥(丁度ホワイトスターの真下)に凹枠にきっちり嵌り、キャップ本体で回転操作を行う仕組みです。その再、例の亀裂により回転の抵抗が働かず一緒に空回りしていたのです。 ※余談ですが、回転するメタルリングの先の黒い物は消しゴム♬

f:id:hikkigukobo:20180901003100j:plain

 

もちろん、これで空回りは止まりました。

f:id:hikkigukobo:20180901003114j:plain

 

キャップチューブを取り付け、芯がステップを踏んで出るように直りました。通常、キャップを反対回し(左回し)にすると、写真のように回転メカと一緒に外せます。この状態で芯を補充するのです。

f:id:hikkigukobo:20180901003126j:plain

 

修理完了しました。今回とほぼ同じ修理方法で、今年パーカー75やウォーターマン・エキスパート初期型(いずれもボールペン)でも応用しました。

f:id:hikkigukobo:20180901003141j:plain

ハイブリッド胴軸の製作 / Montblanc 136

モンブラン136 の胴軸修理依頼がありました。インク窓の上部にクラックが数か所と、ネジで接合された下部の一部欠損等々、オリジナルの胴軸を直して使うには手が付けられない状態でした。そこで持ち主様に胴軸製作での対応しかない旨をお伝えし、製作・修理となりました。

f:id:hikkigukobo:20180826232757j:plain

 

一旦ペン先&ペン芯を取り外し、軸もすべての構成パーツを取り外して作業に入ります。

f:id:hikkigukobo:20180826231526j:plain

f:id:hikkigukobo:20180826231547j:plain

 

先ずはメインの材料となるアクリル材から削り出していきます。いきなり寸法通りの内径で穴を空けると、大きく傷を付けるか途中で破損させてしまうため、少しずつ削ります。

f:id:hikkigukobo:20180826231725j:plain

 

今回は失敗例もお見せします。このような吸入式の胴軸をアクリルで作る場合、2個3個と途中で割れてしまうことはよくあります。荒削りの段階ならまだしも、上下のネジまで切り終わってから、バリッといくと結構ショックは大きいです。

f:id:hikkigukobo:20180826231804j:plain

 

気を取り直して、ベースを完成させました。写真は仕上げ研磨を終えて、インクの吸入チェックまで終えた状態です。

f:id:hikkigukobo:20180826231740j:plain

f:id:hikkigukobo:20180826231749j:plain

 

機能的な製作が終わったら、今度は外観もオリジナルに近付ける必要があります。アクリルで完成した胴軸の一部を削り、全体の1/3ほどをエボナイト材を被せる形で接合します。オリジナルがセルロイド一体+塗装に対し、これは2種類の材料を組み合わせて作ったので、ハイブリッドと言えますね(笑)。

f:id:hikkigukobo:20180827001916j:plain

 

それが終わったら、オリジナルに近い色合いに配合した染色剤で加熱染色を行います。

f:id:hikkigukobo:20180826231817j:plain

f:id:hikkigukobo:20180826231826j:plain

 

アクリルの表面に4条ネジを切るのは、エボナイトやその他の樹脂で行うより難しいです。特にアクリルはネジ切りの刃物が滑りやすく、おまけに透明なのでネジの始まりの位置や溝の深さがとても見辛いのです。更に外ネジは、先に切った内ネジが裏からそのまま見えるため、見えにくいどころか途中から勘に頼る部分もあります。つまり内ネジと外ネジが重なって、半分見えていないと言っても過言ではありません。

f:id:hikkigukobo:20180826231834j:plain

 

上2枚の写真はあくまで外見上の完成。再び吸入機構パーツ、ペン先・ペン芯を取り付けます。筆記のチェック、そして実際にインクを入れて数日間様子を見ます。インク漏れ等がないことが確認できたら、ようやく完了となります。

f:id:hikkigukobo:20180826231842j:plain

 

 

2本まとめて胴軸製作 / Montblanc 142&146 Green-Stripe

以前モンブラン146( テレスコープ)緑縞のインナーバレル(内胴軸)を製作した記事をご紹介しましたが、今回は14X シリーズ最小のNo.142、前回と同型146 を同時に行いました。依頼者様はそれぞれ別の方ですが、お預かりが重なったので効率よく2本同時に修理しました。142は前回と同じ方法で、そして146は+α の修理でした。

まずは142 の作業工程から、ご紹介します。前回(No.146)はインナーバレル製作+アウターの縞軸を被せる方法で成功しているので良いとして、146でもギリギリだった作業がそれより二回りも小さい142 果たしてで出来るかどうか自信ありませんでした。142 の依頼者様にも、お受けする際に「出来るかどうか約束できませんが・・・」とお伝えしてはいました。

f:id:hikkigukobo:20180804100420j:plain

 

首軸ネジ箇所のクラックにより、インク漏れを起こす1本だったそうです。その後、クラックが進行して、写真のようにパネル状に剥がれ落ちてました。

f:id:hikkigukobo:20180804100440j:plain

 

首軸を取り外すと、大穴が貫通している現状がお分かりいただけると思います。ここまで来ると、接着剤やパテ等の補修では直りません。またネジから上を別材料で作って継ぎ足しても、ある程度の衝撃に耐えられなければなりません。従ってネジから胴軸下部まで一体のインナーバレル製作方式が確実だと判断しました。

f:id:hikkigukobo:20180804100503j:plain

 

吸入機構を一旦取り外します。

f:id:hikkigukobo:20180804100557j:plain

f:id:hikkigukobo:20180804100713j:plain

 

破損個所を、クラックの始まりまで削り落とします。

f:id:hikkigukobo:20180804100731j:plain

 

これから作るインナーバレルが収まるだけの内径(削って)にします。ここで大切なことは、決めた径まで一気に広げるのではなく、刃物(平ギリ)を何度か替えて段階的に削ります。一発で削ろうとすると、胴軸をパリッと割ってしまうか、削りの熱で胴軸内面→表面と波打ってしまうことのリスクもあります。

f:id:hikkigukobo:20180804100755j:plain

 

内径を広げる加工が終わりました。肉薄になったお陰で、ちょっとした光でもオリジナルでは見られない透明度になりました。

f:id:hikkigukobo:20180804100814j:plain

 

透明アクリルを削って、インナーバレルを製作します。

f:id:hikkigukobo:20180804100853j:plain

f:id:hikkigukobo:20180804100911j:plain

 

先程の削り取った胴軸スリーヴ嵌めて、微調整の削りをします。やはりここの被せる作業も慎重に行わないと、ちょっと硬い状態で無理に押し込んで縞軸をパリッと割ってしまいます。

f:id:hikkigukobo:20180804100933j:plain

f:id:hikkigukobo:20180804100954j:plain

 

今度は上下逆にセットして、ネジ切りを行います。

f:id:hikkigukobo:20180804101016j:plain

 

インナーバレルが完成したら、吸入パーツや首軸を仮付けして、吸入・排出のチェックを行います。

f:id:hikkigukobo:20180804101055j:plain

 

142修理の途中で実際の作業は前後してしまいますが、146緑縞の修理写真です。142のケースとはちょっと違い、首軸からのインク漏れを食い止めるために依頼主様ご自身で、何度か接着剤を塗布しています。そのため、接着痕などで首軸表面が大きく変形を受けています。また結果的に首軸と胴軸の接続個所にも接着液が回ったらしく、首軸が完全に固着して外せません。=吸入ガスケットの交換作業も出来ない事になります。

f:id:hikkigukobo:20180804101148j:plain

 

全く開かないので、これ以上の修理継続には破損のリスクが伴うこと、それをご説明して続行の了承を得ました。結果、開かないまま首軸くびれ部に大きなクラックを発生させてしまいました。首軸を活かしての接着・補修はここまで来ると不可能と判断し、胴軸との完全切断、そして首軸を製作して対処することになります。

f:id:hikkigukobo:20180804101206j:plain

f:id:hikkigukobo:20180804101242j:plain

 

削って首軸を取り外しました。今度は胴軸側の切削加工です。

f:id:hikkigukobo:20180804101301j:plain

f:id:hikkigukobo:20180804101333j:plain

 

ここからは142と同様、インナーバレルを埋めるための内径加工をしました。まず見る事のできない、肉薄状態にまで持って来ました。

f:id:hikkigukobo:20180804101353j:plain

 

インナーバレルの製作。

f:id:hikkigukobo:20180804101418j:plain

 

完成したインナーバレルを並べました。下が142用、上が146用です。まだ削り粉や油で汚れたままです。

f:id:hikkigukobo:20180804101441j:plain

 

後で胴軸スリーヴを被せた時に、外ネジだけ白の半透明だと見た目全体のバランスを崩してしまいます。そこで違和感を最小限に抑えるため、半透明の緑色で染色。

f:id:hikkigukobo:20180804101454j:plain

 

吸入機構を仮付けしたところ。

f:id:hikkigukobo:20180804101516j:plain

 

オリジナルの首軸の代わりに、ダークグリーンの樹脂を削って製作しました。写真では黒く見えますが、実物は前述のダークグリーンです。

f:id:hikkigukobo:20180804101602j:plain

f:id:hikkigukobo:20180804101618j:plain

 

作業の方は完了しました。上が142、下が146です。この後モニターインクを入れて、インクが後から漏れることなく吸入出来るか、またネジの間から滲み出ないかを数日かけて経過観察を行います。

f:id:hikkigukobo:20180804101540j:plain

 

No.142と削り取った元のネジ部。

f:id:hikkigukobo:20180804101721j:plain

 

この配色を意識した方法は、ペリカンの茶縞やオスミア/ファーバーカステルの濃緑縞(アルプゼー・グリューン)を参考にしました。すなわち茶縞の胴軸にネジから上がダークブラウン、ファーバーカステル(1950年代)はダークグリーン縞の胴軸にダークグリーン単色の首軸というコントラストでした。

f:id:hikkigukobo:20180804101851j:plain