修理日誌 吸入式万年筆のパッキン製作 OMAS 556/S, Ogiva Cocktail, PELIKAN 400

吸入式、とりわけモンブランペリカンでお馴染みのピストン吸入式は相も変わらず万年筆好きに人気の方式です。簡単な操作で大量のインクを充填出来て、水洗いもやはり簡単であることがその主な理由だと思います。またこの機能を持つというだけでも、ペン字体の魅力がぐっと上がるのでしょう。

しかしピストン式の最大の泣き所は、パッキンの収縮や摩耗により吸入不良を起こすか、胴軸内壁とパッキン接地面の隙間からインクが更に奥へ回り込み、最悪胴軸の尾部から漏れること。またホンの一部を除いてほとんどドイツを始め、イタリア等高級な外国製品に展開されている方式ゆえ、修理費が高いか廃盤やメーカー/代理店の撤退でサービスを受けられなくなると、万年筆として使えないといった様々な事情で未だ使用環境には問題があります。

当然こういったピストン式のパッキン交換の依頼も、弊所の重要な仕事の一つです。今回は2通りの修理を採り上げました。

1例目)Oリングを使い、それを取り付けるパーツを作って機能させる方法です。ご依頼のペンは、オマスの1970年代のモデル、556/S。サイズ的にはペリカン400を長くしたぐらいのスリムな物ですが、インクタンクが大きく、見た目の割には大量のインクを吸入します。が、全く吸入しません。

f:id:hikkigukobo:20210412092028j:plain

 

同社の後年~末期の製品がペリカン等と同じパッキン一体型であるのに対し、黒いゴムパッキンを平ネジで留める作りで、これはオマスに限らず、コルクパッキンを使った戦前からある方式です。

f:id:hikkigukobo:20210412092048j:plain

 

当初、写真にあるピストンロッド上部に設けられた突起脇にOリングとスペーサーを取り付け、更により低頭のネジ蓋を作って吸入を試みました。しかしそうするとオリジナルよりかなり短くなるため、ピストンが突き当たる所まで上がらず空気も大量に吸い込み、使えませんでした。結果、横着はダメというものでした。

f:id:hikkigukobo:20210412092120j:plain

 

オリジナルと同じ長さ(=ストローク)になるよう、修理方法を変更してパーツの設計をやり直します。ピストンロッドには手を加えず、スペーサーと2段型の平ネジを作りました。

f:id:hikkigukobo:20210412092136j:plain

 

成型のパッキンに近い機能で吸入・排出をより効率良く出来るよう、Oリング外側を切削して二重線&外径調節を施します。これだけの加工でも、吸入量に差が出るんです。

※写真では上側を削り過ぎてしまったため、やり直してあります💦

f:id:hikkigukobo:20210412092149j:plain

 

2例目)パッキン一体型で製作する方法。つまりオリジナルと同じ方式です。モデルはペリカン400の1950年代の初期型。これは現行のM400 やモンブラン等にも通じますが、ピストンロッドや螺旋棒、及びそれらのパッキン取付けヘッドの構造からOリングの使用が出来ない物を指します。Oリング単体を取り付けられない、若しくはOリングをマウントさせるパーツを作っても、その取付けスペースがない等です。

f:id:hikkigukobo:20210412092404j:plain

 

そこで他のパーツ類は作らず、軟性樹脂の切削でパッキンを作って取り付ける方法です。一見最もシンプルなようで、かなり難しいです。弾力性がある素材は切削には不向きだからです。そもそもオリジナルでは当然成型で、こんなパーツを切削なんてアホなことはやってられません。修理だから已む無く取る方法なのでした。ピストンロッドに付いている方が拵えたパッキン。見てくれは褒められた物ではありませんが、この後の仕上げと潤滑剤塗布でしっかり機能しました。

f:id:hikkigukobo:20210412092415j:plain

 

同じ方法でお直ししたオマス・オジヴァ カクテル。

分かり辛いですが、作った方は取り付けて胴軸内に透けて見えます。

f:id:hikkigukobo:20210412092450j:plain

f:id:hikkigukobo:20210412092500j:plain

 

修理日誌 最も小さな吸入式 / PELIKAN M320

ペリカンはもちろん、ピストン吸入式で最も小さいであろう万年筆・M300系の軸折れ修理依頼です。ご依頼の万年筆はM300シリーズの限定モデルのM320 ルビーレッドでした。これまで同様の破損例はM400やM800 の修理で診て来ましたが、M320は稀です。
稀と言いますのは、M300系の売れた個体を含む絶対数が、前述のモデルと比べるとかなり少ないというのもあると思います。

では具体的な修理の話に入ります。首軸と胴軸の境目でポッキリ破断しています。検査の結果、首軸自体は他に亀裂等の損傷が見られなかったため、これはそのまま流用することにしました。写真はお預かり後、首軸内部に残ったアクリル製ジョイントの一部を取り出した状態です。

f:id:hikkigukobo:20210320234044j:plain

 

破断面を綺麗にさらって、胴軸加工の準備に入ります。こうしておかないと、刃物を当てた時に、回転の力でバリバリっと周辺も大きく破損させてしまう恐れがあります。

f:id:hikkigukobo:20210320234102j:plain

 

これから作るインクタンク&ジョイント一体型のパーツを取り付ける(埋め込む)ための、穴開け加工を行います。インクタンクが収まる内径で、胴軸の2/3程掘り込みます。この作業が今回の修理で最も危険で神経を使いました。インクタンクのパーツ作りは確かに難易度は高いですが、失敗すれば作り直せばいいだけのこと。それに対し、加工で割れやすい柄物アクリルをより薄いパイプ状にくり抜くのです。水冷却&切削で、無事狙い通りに本体加工が終わりました。

f:id:hikkigukobo:20210320234121j:plain

 

インクタンクを透明セルロース樹脂で作ります。

f:id:hikkigukobo:20210320234147j:plain

 

内面を良く磨いたら、一旦吸入器を仮装着します。ピストンがスムーズに基準値(インク代わり)の水を吸入、かつインクが後ろに回らないよう何度か試験を行います。

f:id:hikkigukobo:20210320234159j:plain

 

これらをパスすれば機能的には直ったも同然になります。しかしこの状態で胴軸に取り付けてしまうと、透明度が上がってルビーレッドの胴軸の雰囲気が外見上からもオリジナルと大きく変わってしまいます。従って、折れた元のインナーに近い色合いに染色を行います。

f:id:hikkigukobo:20210320234212j:plain

 

接着なしの仮付けで、修理前と変わらない感じであることを確認しました。

f:id:hikkigukobo:20210320234251j:plain

 

胴軸埋込の接着、及び首軸にも接着を行い、修理が完了しました。本当は内部ジョイント箇所の一部だけを作って接着する、より作業工程が少なく修理費も安く出来る方法も検討しました。しかしその方法だと首軸はいいとしても、胴軸は端面の他、胴軸内壁(に接する)との接着シロは僅かh=1mmしかありません。そのような皮一枚に近い状態ですと、ちょっとした衝撃で再び破損しないという自信も確証もありませんでした。だから、いっそのことインクタンクごと作って、接着シロを広くとって強固な修理にする必要があったのです。その首軸と胴軸の接続構造自体は、サイズが違うだけでM400 ~ M1000 も同じです。

f:id:hikkigukobo:20210320234424j:plain

f:id:hikkigukobo:20210320234336j:plain

 

蒔絵軸の修復 / Dunhill NAMIKI

破損した蒔絵塗り万年筆の修復を行いました。戦前のダンヒルナミキ・オリジナルで、胴軸が上下2ヵ所も大きなダメージのある難しいご依頼品でした。バランス型のボトム部がレバーから下、見事に欠損してしまっています。

f:id:hikkigukobo:20210224231744j:plain

 

どうも欠損してしまったと言うより、破損部分をどこかで意図的に切り取られているように思えます。

f:id:hikkigukobo:20210224231811j:plain

 

もう一方の首軸が収まる”とば口”側は、外ネジが一部欠損してしまっています。ただ不幸中の幸いか、上下どちらとも絵には直接の被害が及んでいません。そこで依頼者様は上下をそれぞれ継ぎ足して修復する方法を選んだのです。

f:id:hikkigukobo:20210224231759j:plain

 

作業に入ります。まずはボトム側から。

エボナイトを削って継ぎ足す部分を作ります。

f:id:hikkigukobo:20210224231828j:plain

f:id:hikkigukobo:20210224231944j:plain

f:id:hikkigukobo:20210224232010j:plain

 

接着接合し、本体の塗りを傷つけないように周り、そしてボトムの本来の形に少しずつ削って整えます。

f:id:hikkigukobo:20210224232051j:plain

 

ボトム側が完成したら、胴軸上部の加工に入ります。カットする位置を決め、直接刃物で切断面に浅い切り込みを入れます。

f:id:hikkigukobo:20210224232323j:plain

 

切り込みを案内にカット。

f:id:hikkigukobo:20210224232634j:plain

 

ボトム側と同じ要領でエボナイトを削って接合します。

f:id:hikkigukobo:20210224232649j:plain

 

接着が乾いてからやはり外径の削り、首軸を収める雌ネジ/キャップを受ける外(4条)ネジを切ります。最後に継ぎ目が分からないよう、ぼかし研磨を行います。この工程では漆を塗られた表面の一部も研磨しますので、接合作業に劣らず神経を使います。

f:id:hikkigukobo:20210224232716j:plain

 

先に接合したボトム側と合わせ、艶出し研磨を行い、修復作業は完了となります。

f:id:hikkigukobo:20210224232731j:plain

f:id:hikkigukobo:20210224232743j:plain

この作業の最も難しいところは、言うまでもなく貴重なオリジナルの塗り、絵を傷つけないよう正確に元の形に修復、且つ万年筆としての使用の強度に耐えるようにすることです。なお、このような同じ蒔絵や漆塗りの修復作業でも、更に2通りの方法があります。即ち今回のようにうちで最終工程まで完成させてしまう方法。そしてもう一つは、接合等で修復を施した後、一部乃至全体を塗り直して貰うため、後の工程を漆芸作家に依頼すると言う方法です。

後者の場合、うちでは艶出し研磨は行わず、漆が載りやすいよう敢えて表面は粗仕上げに留めます。

 

修理日誌 インナーセクション製作 / WATERMAN Man 100

ウォーターマン ル・マン100&200 に多い修理依頼が、首軸内部の破損です。

薄い樹脂のインナーセクションが千切れたりして、首軸のパーツがばらばらに外れてしまうのです。今回の例は、キャップを抜いたらペン先ごとすべてキャップ側に持って行かれ、外れないというものでした。

f:id:hikkigukobo:20210203111323j:plain

キャップを引き抜いた状態

f:id:hikkigukobo:20210203111512j:plain

ペン先ユニットごとキャップ内に残ったまま

 

最初の作業がキャップ内に残る一式をすべて取り出す作業です。その辺のペンチやピンセットの類ではまず取り外せません。どの道穿刺チューブは後から作るので傷つけてしまっても構わないのですが、その内側に収まるペン芯の細管だけは絶対に壊してはいけません。

持って行かれた部分はすべて引き抜きました。メタルのジョイント部とネジ留めで取り付けるインナーセクションの樹脂ネジが破断しています。これが抜けの原因です。

f:id:hikkigukobo:20210203111633j:plain

ユニットを取り出す

 

ジョイント内部に残ったネジの残骸を取り出します。

f:id:hikkigukobo:20210203111729j:plain

f:id:hikkigukobo:20210203111805j:plain

 

この修理のメイン、インナーセクション(下)をオリジナルと同じ寸法に削って作りました。カートリッジやコンバーターに取り付ける”穿刺チューブ”も別体で作り、取り付けてあります。

f:id:hikkigukobo:20210203111836j:plain

 

すべてをネジ留めして出来上がり。オリジナルより耐久性は向上していることでしょう。

f:id:hikkigukobo:20210203111857j:plain

完成したインナーを取付け、修理完了

 

手持ちのル・マン100の破損した予備群です。今回と同じようにインナーを作ればちゃんと使えます。

f:id:hikkigukobo:20210203111948j:plain

 

修理日誌 真っ二つに折れたキャップ製作 / Montblanc Virginia Woolf

モンブランの作家シリーズ、ヴァージニア・ウルフのキャップを作ってお直ししました。

f:id:hikkigukobo:20210124105216j:plain

 

お預かり時は、写真のように応急処置的に接着された状態でしたが、このように水平に破断した状態では強度を保てません。

f:id:hikkigukobo:20210124105040j:plain

 

軽く引っ張って、簡単に外れてしまいます。キャップは普段使いに於けるネジの開閉、クリップ固定など何かと力の加わるところです。お問い合わせ時からキャップ製作でのご依頼でした。ただしオリジナルと同じ表面彫刻までは対応できません、と言う旨は事前にお伝えしてあります。

f:id:hikkigukobo:20210124105058j:plain

f:id:hikkigukobo:20210124105110j:plain

 

キャップが完成しました。今回一番難しかったところは、トップエンドのメタルパーツにピッタリ合うように、樹脂の端面を手で彫り込む作業です。製作1本目はエンド部を中からネジ留めする段階で、若干キャップチューブとの組み合わせが歪になり失敗。
トップのホワイトスターが水平でなく、偏って(角度がついて)しまったのです。

f:id:hikkigukobo:20210124105147j:plain

 

このようにキャップ表面と天冠が真っ直ぐで、トップも水平であれば問題ありません。

f:id:hikkigukobo:20210124105203j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修理日誌 ボールペン カムパーツの再生 / Montblanc Starwalker

モンブラン/スターウォーカーのボールペン修理は何度か採り上げましたが、今回ご紹介するのは軸の真ん中から上がすっぽ抜けて、そのまま元に戻らない破損です。こういった修理依頼は何度かお受けしているため、ご相談の時点ですぐピンと来ます。”カム”の破損だと。

通常はリフィル交換の際、後軸を回してリフィルが現れる訳ですから、下の写真のようにリフィルカバーが露わになる事自体あり得ないのです。

f:id:hikkigukobo:20201227232957j:plain

 

現物をお預かりして症状を確認&リフィルを抜いて後軸を振ると、破損したパーツの小さな破片が降って来ました。案の定、工具で天冠を留めるビスと一体のカム本体を取り外すと、このような状態でした。分離破損した左側がカムというパーツで、左下の筒状の物が外側に突起(1ヵ所)を持つシリンダーになります。このパイプ状のシリンダーがリフィル(芯)上部を覆って、上下に作動します。ともあれ、この主要なカムがブチ切れている以上、リフィルの収納・繰り出しは不可能な上、前軸に固定する事も出来ません。

f:id:hikkigukobo:20201227233011j:plain

 

下の写真の左側がカム部分で、右側が本来天冠留めビスと繋がっていた破損個所になります。(丸囲いの中の)平たい”側板”が、リフィルカバー内側に設けられたレールを水平に回転する、言わば車輪の役目を果たします。そしてこの突起こそ、後軸が抜けないストッパーの役目も兼ねた一人二役です。

この修理は、件のカムパーツを同じ形に作り、天冠の留めビスに接着する作業になります。

f:id:hikkigukobo:20201227235701j:plain


作業開始。留めビス側に残った樹脂の破断面を綺麗に削り取り、これから作るカムを接着するため、内径を広げます。

f:id:hikkigukobo:20201227233138j:plain

 

エボナイト材でカム本体のベースを作りました。轆轤で出来るのは、ここまで。

後はフライスとハンドグラインダーで更にオリジナルと同じ形まで持って行きます。

f:id:hikkigukobo:20201227233157j:plain

 

側板を設け、シリンダーの突起が伸縮で2つの位置で噛み合うよう、180度対面位置に溝を彫ります。

f:id:hikkigukobo:20201227233210j:plain

 

一旦、先に加工しておいた天ビス留めにカムを仮付けします。

f:id:hikkigukobo:20201227233229j:plain

 

シリンダーが滑らかに半回転動作が出来るよう、溝の表面をきれいに仕上げたら、シリンダーに被せます。こちらが収納状態。

f:id:hikkigukobo:20201228004444j:plain

 

繰り出し=筆記位置の状態。

f:id:hikkigukobo:20201228004510j:plain


前軸、リフィル、リフィルカバーのすべてを(仮)組立てし、後端のつまみを指で回転させてリフィルの出や収納位置を確認します。動作が滑らかに、位置も問題ないことを確認したら、今度はカムを接着します。

f:id:hikkigukobo:20201228005548j:plain


リフィルが標準の位置に出て固定されました。最後に後軸を再び装着して修理は完了しました。

f:id:hikkigukobo:20201227233326j:plain

 

ツイスト式のボールペンは、各社回転メカのパーツが違っても、基本構造自体はどれも同じと見て良いでしょう。ただモンブランの場合、今回のようにカムを作って対応出来るタイプと、回転メカがアッセンブリーで分解出来ないタイプがあります。後者の場合は、(過去にご紹介済)他社製回転メカを移殖させるためにペン本体の内部を改造加工する必要があります。

※クロスタイプ、ウォーターマンはまた違った独自規格です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インクビュー+ネジの再生 / Pelikan M4xx 両用式

以前当ブログでご紹介しましたペリカンのほぼ同じモデル(1970年前後の両用式万年筆)の、胴軸と開閉するインクビュー一体のネジが同じように破損した例です。

f:id:hikkigukobo:20201218230003j:plain

hikkigukobo.hatenablog.com

f:id:hikkigukobo:20201218230031j:plain

前回は同じ形状のペリカーノ (mk2) から、ネジ部をカットして移殖しました。それに対し、今回はネジを含むインクビューを新たに拵えて接合するという、別の修理方法になります。

 

まず採寸をい、これからパーツを作って取り付けるために、破損個所を綺麗に削って整えます。装飾リングも一旦取り外し、後で新しいパーツと一緒に再び取り付けます。

f:id:hikkigukobo:20201218230227j:plain

 

透明のセルロース樹脂を切削して作りました。先ほど削って整えた首軸にピッタリ合うよう、接着面も設けてあります。余談ですがこのシリーズのネジは2条ネジで、胴軸との開閉部分のネジとしては大変珍しい規格です。

f:id:hikkigukobo:20201218230409j:plain

 

作ったパーツを染色してから、首軸本体に接着で取り付けました。もちろん、前述のリングを挟んで。

(汚れる前の状態を考慮したとはいえ、ちょっと色合いが違いますが💦)

f:id:hikkigukobo:20201218230702j:plain

 

修理完了しました。少なとも、インクの視認性は破損品より上がりました。

f:id:hikkigukobo:20201218230903j:plain