ボールペン修理日誌 ~ツイストメカすっぽ抜け~ / Louis Vuitton

胴軸とキャップチューブが固定されなくなったボールペンをお直ししました。ルイ・ヴィトンのジェットラックというスリムなモデルです。胴軸とキャップはネジで固定されていますが、スカスカな状態でネジ山が全く噛み合わずすっぽ抜けてしまいます。メタルのツイストメカは通常キャップチューブ内に収まっていますが、修理のため一旦引っこ抜きました。ツイストメカの機能はしっかり生きているので、これを再び元の位置に固定させる必要があります。といっても接着してしまったら、2度とリフィル交換のために開けられなくなってしまいますから、再びネジで開閉できるようにする必要があります。

 

メタルのネジがそう摩耗する筈もなく、胴軸の雌ネジか樹脂その物が収縮してしまったようです。下の写真で僅かに見える胴軸側の黒いネジ溝が、やや浅く見えます。一旦胴軸側のネジ受けを含むほとんどの樹脂を切断して、新たに樹脂を接合する方法を採ります。

 

位置を決めて切断。いたずらに切った訳ではなく、本来の寸法や外径&内径は簡単な図面に控えています。因みに切断面より下は、アルミのようです。

 

エボナイトを材料に、代替部を作り接合します。一段細くした左は接着シロになります。

 

胴軸側にぴったり収まることを確認したら接着は後回しにして、ツイストメカを取り付けるネジ切りに入ります。

 

先ほど切断したオリジナルより、ネジ溝がくっきりしているのが見えますか?

 

接着完了。次に、外したツイストメカを元のキャップチューブ内に収めます。

 

再びネジ回してキャップを締め、ツイスト操作で芯の出し入れが出来ることを確認したら修理完了です。さてこのネジバカになった樹脂は、質感からしてジュラコンのようですが、果たして? どうもこのネジ受けには向かない材料なのか、ヴィトンのボールペンで同じ症状の物は何本も診て来ました。

 

コルクスタッドの再生 / Montblanc telescopic piston

モンブランのテレスコープ吸入式の修理と言えば、まず第一に摩耗したコルクの交換になります。その一方でコルクを取り付け、固定させるためのスタッドやナットがダメになってしまっている例も少なくありません。コルクスタッドとは、(コルク)シールを取り付けるための土台にあたる部分で、シールの蓋=ナットを固定するためのネジがあります。過去の2件の修理例をご紹介します。

例1) スタッドのネジが付いた突起の外形がかなり痩せてしまっています。そのため、シールの上でネジ留めされるナットが下の写真のように下まで緩く回って固定されません。つまり設置してもナットごとコルクと一緒に外れてしまうことになります。

 

この場合、ナットを内径をやや狭く作って対応することもありますが、これはスタッドの収縮が著しく、ナット製作では納まらないレベルです。そこで最終手段として、スタッド本体をエボナイトで作って交換してしまうことにしました。上がテレスコープユニットから取り外した元のシールスタッド、下は今回製作した代替パーツです。見た目の違いは分からないと思いますが、ねじ外径を0.3mmほど太く作ってあります。この外径は新品当時のサイズと言うことになります。

 

同様にナットも新たに作ります(左下)。オリジナルのナット(右上)は破損もさほど収縮もしていませんが、これから取り付けるOリングのシールを抑えることができないためのパーツ作りです。高さを低く(薄く)、外径をOリングが外れないよう広くしてあります。

 

エボナイトで作って取り付けたシールスタッドとナット。後はマウントとOリングを取り付けて完成です。

 

例2) こちらはナットとコルクがついたままのスタッド先端が、折れて分断してしまっています。

 

この場合は完全な破損になりますので、パーツ交換しか手段はありません。そのパーツを、やはり例1と同様に作ります。

 

ユニット内部に残った、シールスタッドの”脚”を取り外したところ。

 

シールスタッドをエボナイトで製作。

 

ナットを取り付けて、調節しながらねじを切ります。

 

シールスタッドの完成。

 

ユニットに収まる”脚”側から。

 

ピストンユニットへ取付け。

 

左から作ったOリングのマウント、(作った方の)ナット、そしてオリジナルのナットになります。

 

完成。このような形で胴軸に収まる訳ですが、一旦ナットとシールマウント、Oリングを取外します。その後、胴軸に取り付けてから外した3つのパーツを胴軸を被せた上で、再度取り付ければ修理完了です。

ナット、コルクスタッド。これらコルクを設置・固定する2つのパーツは、いずれもオリジナルはセルロイドで作られています。セルロイドは経年で収縮しやすいのに加え、湿気で収縮が更に加速されます。通常インクを貯蔵する胴軸内にあり、常に(インクという)水分に浸かっている訳ですから、結果的に収縮による不具合や破損は避けれません。パーツ製作で材料をエボナイトにすることにより、オリジナルより安定した物にできます。

 

パーツ破損&紛失 / PARKER 65

歴代パーカーの中ではややマイナーな部類に入るモデル、パーカー65をお直ししました。時代的にパーカー61にほぼ被るシリーズで、ペン先の形状以外、サイズや共通パーツもあって兄弟のような位置付けだったようです。そんなモデルだけあって、当工房でも修理で依頼されるのは年に1,2本あるかないかです。当時のイギリスパーカーは主に欧州市場向けで、65やVPは日本にあまり入って来なかったようです。

依頼された万年筆は65の中~後期型。主な違いは初~前期方は専用吸入器仕様で、カートリッジは使えません。この仕様変遷も61と同じ。

ご依頼の内容:①首軸と胴軸のねじの閉まりがとてもが緩く、閉まり切らずに胴軸が抜けてしまう。 ②カートリッジがしっかり刺さらず、インクがまともに回ってこない。お預かり点検して、コネクターが経年収縮で痩せてしまっていることを確認。コネクターを作って、対応します。

 

ネクターを首軸から外そうとすると、割と弱い力で外せました。コネクターの上ねじも同様に痩せているため、ぴったり閉めると止まらずに空回りしてしまいました。どの道、このコネクターは使えません。

 

さらに酷いことに、取り外した時点で上側のねじを残して下側と分離してしまいました。上は工房にある同じパーツで、本来はこのような形・寸法です。こちらも壊れていて、あくまで形見本に利用しています。

 

次に開けた首軸の中を調べると、何と穿刺チューブがない! これではコンバーターの固定はおろか、カートリッジの蓋を完全に突き破ることはできません。今まで、ペン芯の先で穴の一部を開けるに留まっていたようです。中古品と聞いてますので、どうやら前の持ち主の手で分解・外されていたようです。ない物は仕方ないので、これも作るしかありません。幸いオリジナルの穿刺チューブが1個ありましたので、これを見本に、真鍮で作ります(左下)。

 

出来上がった穿刺チューブをコレクターに仮装着して、コンバーターと接続。これでカートリッジ&コンバーター両用式として、本来の使い方が可能になりました。

 

同時進行でコネクターを製作(上)。再び痩せて同じことが起こらないよう、ほぼ収縮しないエボナイトを使いました。

 

作った物を含む、すべてのパーツを取り付けて再組立て。無事に修理が完了しました。それにしてもネットオークション等から古いペンを入手する場合、今回のような当り外れは避けては通れませんね。目が肥えている人なら写真でかなり絞った判断ができるのでしょうが、中身までは・・・・・・。

 

パーツの寸法は違えど / Montblanc Meisterstück 142

古いモンブランの万年筆の胴軸を2本まとめて作りました。モデルは14Xシリーズ最小の、マイスターシュテュックNo.142。どちらも前期型の、それも胴軸がほぼ同じ壊れ方だったため、効率良く直せました。

 

この万年筆は吸入不良のピストンシールを交換するためには首軸を外して行いますが、セルロイドの経年収縮により、胴軸のネジ側から割れてしまっています。

 

こちらはもう1本の142。

 

割れたネジの一部が欠損してしまっています。

 

同じ原料から製造されている2種類のセルロース樹脂を材料に使います。セルロイドもそうなのですが、無色透明と言ってもアクリル程の透明度ではなく、削る前は若干飴色に近いです。

 

ろくろで削り、ネジ切りを行いほぼ形になりました。当初の飴色から大分白っぽくなっているのが、お分かりでしょうか?

 

オリジナルのインクビューの色に合わせ、透明材は染色を行います。更にネジ山もやはりオリジナルと同じく、黒く塗り終えました。ここが当時のモンブランの高級品としての拘りのようです。内面の研磨を終えた後、吸入器を仮装着して吸入・排出のテストを行います。

 

染色による膨張がおさまるのを(最低)1日待ってから、アウターの黒いスリーヴを取り付けます。最後に表面をバフ掛けして、代替パーツ x2の完成となります。

 

因みにこの2本、同じモデルでありながら胴軸やキャップの長さがそれぞれ約1mm違います。No.144, 146, 149も同様に。製造ロットや時期の違いか正確な理由は知りませんが、それ故に同じモデルでも個々のボディパーツに合わせながら作るしかないのが辛いところです。それに加えて材料の収縮の進行度も、1本1本すべて違うため、ネジの外形&内径も合わせる必要があります。数本まとめての作り置きが出来ず、修理依頼の度に現物と合わせて対応するしかない理由がここにあります。

オリジナルの胴軸を引退させて / PELIKAN 400 Mother of pearl

胴軸が破損したペリカン500のマザー・オブ・パールをベースに、持ち主様のご依頼で首軸を含む胴軸全体をカスタマイズの形で作りました。

写真のように、マザーオブパール(セルロイド)の表面が網の目のようにクラックが入ってしまっており、最初からこの軸を活かした修理ではなく、新規で製作の方向で話が進められました。最終的にご用意できる材料の中から、胴軸/首軸をオレンジ&黒のカラーエボナイト、インクビューを明るいブラウンという組み合わせに決まりました。

 

カラーエボナイトで首軸を作っているところ。写真から、首穴のソケット受けネジを切り終えているのが分かります。

 

胴軸のエンドを除いて、ほぼ削り終えました。この後、少しずつ削ってキャップの収まり具合を調節していきます。

 

インナー兼インクビューを染色、エボナイトも磨きの仕上げを行いました。

 

吸入ユニットを取り付けて、完成。

 

ヴィンテージ万年筆でも持ち主によって付き合い方(考え方)は様々です。今回のように、実用のためにボディを一新しつつ、破損して使えなくなったオリジナル部分はそのまま保管するという考えの方も少なくありません。

キャップ縁の修復 / Montblanc Limited Edition Agatha Christie

モンブランの作家シリーズ(限定版)、アガサ・クリスティーのボールペンのキャップをお直ししました。キャップの縁の一部が、大きく欠損してしまっています。一旦残りの部分も削り取って、同じ黒い樹脂材を使って縁部分を作って接合する方法を採りました。

 

キャップを加工するため、一旦轆轤に取り付けます。装飾リングを傷つけないよう、マスキング。

 

リング下端を境に、縁をすべて水平状に削り取ります。しかし、この端面のみの材料接合では、強度不足となってしまいます。そのため、さらにリングの裏側も一部削ります。

 

リングの裏、下半分を削り取りました。つまりリングの半分も接着しろとして活用して安定させます。次に、これから接合する縁部分を作ります。材料は黒いセルロース

 

接着剤なしの、仮接合。手でグッと押してグラつかないようであれば、接合面の加工は終了。

 

材料の丸棒からカットし、端面のみ削って整えました。

 

控えておいた寸法通りに、削ってオリジナルの形に近付けていきます。

 

刃物傷を研磨、艶出し研磨。縁の修復が完了しました。リングの上下、キャップ本体と縁が違和感がなければ良しとします。

 

新たに使った材料は衝撃に強く割れにくいため、オリジナルより強度は上げられたと思います。写真ではお伝えし難いのですが、一番難しかったのは接合そのものより、作った縁の内面の加工でした。ここは胴軸に取り付ける際、内部のメタルパーツを覆い、且つスムーズに回転(ツイスト)できるよう、何度も削りの微調整を行う必要がありました。内面が少しでも触れればツイストの動作が硬くなり、安定した新の出し入れができません。逆にいたずらに削ると、ただでさえ薄い縁をさらに薄くさせて強度を落としてしまいます。

 

大型のピストンシール製作 / Montblanc Meisterstück 149 1960s

モンブランNo.149のインク漏れを直しました。149のなかでも滅多にお預かりする機会のない、通称”第2世代”、1960年代のモデルになります。オリジナルのピストンシールの経年収縮が原因と見られ、吸入・排出を繰り返すと、徐々にシール裏側にインクが入り込み、最終的に尾栓側から漏れて来てしまう状態でした。シールを熱膨張させたり、加工を試み、やや漏れはおさまりましたが完全には喰い止めることは出来ませんでした。

 

そうなるとパーツ交換か製作しかありません。前述のようにあまり出回らない60年代の149のパーツ入手は難しいので。下のピストンロッドに取り付けられた物が今回作ったシールで、上はオリジナル。

 

無事、漏れることなく直りました。この種の修理では外径を0.1mm太くするだけでも、雲泥の差です。見え辛いですが、中でピストンが上がり切った状態がコチラ。👇