ウォーターマンCF用コンバーター① 修理編 / WATERMAN C/F Converter

今回はコンバーターの修理をご紹介します。コンバーターも消耗品と言えるので、修理して使えるようにする機会(ご依頼)はとても稀です。しかし今回のウォーターマンCF用のように、現在入手出来ないとか、廃盤規格の場合は修理して使えるようにせざるを得ません。CFとはウォーターマンの1980年代以前のカートリッジ/コンバーターの規格で、まず80年代にコンバーターの製造販売が終了、CFカートリッジも90年代末にカタログから消えました。因みにオリジナルのコンバーターを中古等で入手出来たとしても、ゴムサックの中押し式のため、残念ながらほとんどは経年により使えません。

 

f:id:hikkigukobo:20200518001353j:plain

これでもすべて新品(デッドストック)

f:id:hikkigukobo:20200517215432j:plain

 

取付け口(コネクタ)、サック、プレスバーを取り外しました。

f:id:hikkigukobo:20200517215614j:plain

 

上のように綺麗に取り外せなかった例。取付け口を壊してでも分解します。どの道、無傷でもこのコネクタは使わないため問題ありません。ここはメタルの枠をゴムで覆う形で作られています。

f:id:hikkigukobo:20200517215633j:plain

f:id:hikkigukobo:20200517215647j:plain

 

こちらは樹脂で新調したコネクタ。実は全く同じ寸法ではなく、サック取付け箇所はやや細めに削って作りました。オリジナルと同じ外径にすると、サックを取付け後、コンバーター本体に収まらないのです。

f:id:hikkigukobo:20200517215702j:plain

 

腐らないシリコン製のサックを装着させます。

f:id:hikkigukobo:20200517215717j:plain

 

サックの接着剤が乾燥したら、万年筆に取り付けて完了です。このCFのショートサイズのコンバーターで約0.5cc吸入しました。今日の一般的なヨーロッパタイプの8割程度になるのでしょうか。

f:id:hikkigukobo:20200517215728j:plain

 

こちらはCFの中~大型万年筆用のコンバーター。こちらも同様にシリコンサックに交換しました。 ※モデルはジェントルマンの第1型。

f:id:hikkigukobo:20200517215916j:plain

 

中型サイズのコンバーターを同じように修理して使えるようにします。

f:id:hikkigukobo:20200517215812j:plain

 

取り外したコネクタ。万年筆側の穿刺チューブに挿してもスカスカで安定しないため、こちらも同じ形に作る必要があります。

f:id:hikkigukobo:20200517215822j:plain

 

サックをカットして仮付け。まだ接着剤は塗布していません。

f:id:hikkigukobo:20200517215833j:plain

f:id:hikkigukobo:20200517215845j:plain

 

水で吸入量を確認します。

f:id:hikkigukobo:20200517215857j:plain

 

工房在庫の物を含め、数本まとめて直しました。

f:id:hikkigukobo:20200517215754j:plain

CF規格の万年筆をお持ちでお困りの方、又は今後入手予定の方は当工房へご相談ください。メタルのボディ、プレスバーのパーツが無事であれば十分直して使えます。