セイフティ式の螺旋部製作 AURORA 1920's

セイフティ(安全操出し式)万年筆の修理をご紹介します。アウロラの18金張りのボディのペンダント型です。セイフティとは初期の万年筆の1つで、スポイントでインクを入れる方式です。要修理箇所は①軸内部の主要メカである螺旋部の破損(折れています)、②螺旋とペン先ソケットを繋ぐ留めピンの欠損、③尾栓内部にあるシーリングコルクの交換、④インクが胴軸の繋ぎ目から滲み出る場合は、挽き合わせをする・・・と多岐に渡ります。

f:id:hikkigukobo:20171109004245j:plain

 

余談ですが、ご覧のようにかなり小型な万年筆です。尤もセイフティ式その物が小型万年筆に向いた方式とも言え、各社数多くのショートタイプがセイフティ方式で作られました。この万年筆も、ペンダント型です。

f:id:hikkigukobo:20171109004401j:plain

 

それでは作業に入ります。胴軸を開けてペン先ユニット、螺旋部を取り出します。螺旋部がポッキリ折れています。これでは、ペン先を繰り出しする事が出来ず、使えません。接着箇所が僅かな上、”繰り出し”という動作の力が加わる構造上、まず接着は無理です。かりに接着しても、すぐまた外れてしまいます。という訳でこのような修理の場合、螺旋部をそっくりそのまま作って直す事になります。。

f:id:hikkigukobo:20171109005704j:plain

 

外径、内径、全長を測り同じ寸法にエボナイトで製作します。でも轆轤で出来るのは、僅かここまでです。この角度に螺旋溝を彫る事は、轆轤では出来ません。そしてここからは地道な手作業が待っています。

f:id:hikkigukobo:20171109010400j:plain

 

位置決めに印を付けた個所すべてに、ドリルで穴を空けます。そして次にハンドグラインダーで削りながら、穴と穴を繋いでいきます。

f:id:hikkigukobo:20171109010718j:plain

 

ここからは本当の手作業です。荒削りの終わった螺旋部に、ヤスリでよりオリジナルに近い形に整えていきます。この作業が最も時間を要します。

f:id:hikkigukobo:20171109011212j:plain

 

無事、螺旋部が完成しました。ペン先ユニットが滑らかに上下するように、実際には最後の方に、ペーパー等で仕上げ磨きを行います。ところで前述のようにこの万年筆にはペン先ユニットと螺旋部を繋ぐ留めピンが欠損しています。

f:id:hikkigukobo:20171109011221j:plain

 

留めピンを削り出して作ります。

f:id:hikkigukobo:20171109011227j:plain

 

胴軸下側に、作ったピンが入るか確かめます。写真のようにピンが左右の溝に入り、これで真っすぐ上下に動いて、ペン先が繰り出されるのです。

f:id:hikkigukobo:20171109011230j:plain

 

ソケット、螺旋部が繋がりました。

f:id:hikkigukobo:20171109011235j:plain

 

正常な状態で、胴軸を取り払うとこんな姿になります。

f:id:hikkigukobo:20171109011308j:plain

 

胴軸の下の方の軸の中にある古いコルクを取り出し、新しいパッキンとスペーサーを埋め込みます。インク止め式やプランジャーと同じく、ここでインクが後ろに回らないようになっています。手前は、取り出した古いコルク。

f:id:hikkigukobo:20171109011408j:plain

 

すべてのパーツを元通りに組み直します。写真はペン先が完全に中に引っ込んでいる状態です。ここからいよいよペン先繰り出しのチェックです。

f:id:hikkigukobo:20171109011311j:plain

 

尾栓をゆっくり回して、スルスル~とペン先が顔を出し始めました。

f:id:hikkigukobo:20171109011314j:plain

 

ペン先が定位置まで出て止まりました。今度は実際にインクをスポイントで充填し、胴軸と尾栓の繋ぎ部分からインクが漏れないかをチェックします。滲み出た場合は、インク止め式の修理の要領で、双方の面を綺麗に刃物で削って食い止めます。カンナで裏が透けるような削り節を出すのに似ています。

f:id:hikkigukobo:20171109011321j:plain

 

修理が完了しました。

f:id:hikkigukobo:20171109011326j:plain