コルクスタッドの再生 / Montblanc telescopic piston

モンブランのテレスコープ吸入式の修理と言えば、まず第一に摩耗したコルクの交換になります。その一方でコルクを取り付け、固定させるためのスタッドやナットがダメになってしまっている例も少なくありません。コルクスタッドとは、(コルク)シールを取り付けるための土台にあたる部分で、シールの蓋=ナットを固定するためのネジがあります。過去の2件の修理例をご紹介します。

例1) スタッドのネジが付いた突起の外形がかなり痩せてしまっています。そのため、シールの上でネジ留めされるナットが下の写真のように下まで緩く回って固定されません。つまり設置してもナットごとコルクと一緒に外れてしまうことになります。

 

この場合、ナットを内径をやや狭く作って対応することもありますが、これはスタッドの収縮が著しく、ナット製作では納まらないレベルです。そこで最終手段として、スタッド本体をエボナイトで作って交換してしまうことにしました。上がテレスコープユニットから取り外した元のシールスタッド、下は今回製作した代替パーツです。見た目の違いは分からないと思いますが、ねじ外径を0.3mmほど太く作ってあります。この外径は新品当時のサイズと言うことになります。

 

同様にナットも新たに作ります(左下)。オリジナルのナット(右上)は破損もさほど収縮もしていませんが、これから取り付けるOリングのシールを抑えることができないためのパーツ作りです。高さを低く(薄く)、外径をOリングが外れないよう広くしてあります。

 

エボナイトで作って取り付けたシールスタッドとナット。後はマウントとOリングを取り付けて完成です。

 

例2) こちらはナットとコルクがついたままのスタッド先端が、折れて分断してしまっています。

 

この場合は完全な破損になりますので、パーツ交換しか手段はありません。そのパーツを、やはり例1と同様に作ります。

 

ユニット内部に残った、シールスタッドの”脚”を取り外したところ。

 

シールスタッドをエボナイトで製作。

 

ナットを取り付けて、調節しながらねじを切ります。

 

シールスタッドの完成。

 

ユニットに収まる”脚”側から。

 

ピストンユニットへ取付け。

 

左から作ったOリングのマウント、(作った方の)ナット、そしてオリジナルのナットになります。

 

完成。このような形で胴軸に収まる訳ですが、一旦ナットとシールマウント、Oリングを取外します。その後、胴軸に取り付けてから外した3つのパーツを胴軸を被せた上で、再度取り付ければ修理完了です。

ナット、コルクスタッド。これらコルクを設置・固定する2つのパーツは、いずれもオリジナルはセルロイドで作られています。セルロイドは経年で収縮しやすいのに加え、湿気で収縮が更に加速されます。通常インクを貯蔵する胴軸内にあり、常に(インクという)水分に浸かっている訳ですから、結果的に収縮による不具合や破損は避けれません。パーツ製作で材料をエボナイトにすることにより、オリジナルより安定した物にできます。